June 18, 2018

地震

今朝の大阪の地震で電車に一時間半缶詰めでした。
降車して線路を歩くと云うニュースでよく見るヤツを体験。

1529283773264.jpg

1529283778378.jpg

それよりも地震の緊急アラームが
電車内に響き渡る中、
私のスマートフォンは鳴らず…。
三分後に遅れて鳴り始める始末。
これでは意味がないぞ。
買い換えを検討しなくては。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 15, 2018

牛シチュー麺

牛シチュー麺
三宮界隈の中華の店では時々見掛ける
牛シチュー麺や牛シチュー飯。
牛腩飯が正式名だと思う。
その昔、南京町の群愛飯店で食べて感動した。

こないだ会社の後輩に教えてもらった
三宮の順徳って広東料理の店で食べたら
やっぱり五香粉か八角っぽい香りでした。
美味しかったなぁ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

井出商店

和歌山ラーメンの火付け役の
井出商店に初めて行きました。

1529081592246.jpg
豚骨の臭いが私には厳しい…。
九州並みの本格臭だ(笑)。
好きな人には堪らない筈。

早すしは美味しかった。
1529081597956.jpg

なれすしはなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

通勤時間の今日の一枚。

通勤時間の今日の一枚。
ロジェストヴェンスキー
& ソビエト国立文化省交響楽団の
プロコフィエフのバレエ曲「鋼鉄の歩み」。
このアルバムは私の大好きな
「ドニエプルの岸辺にて」も入っていて、
そっちはへヴィーローテーションで聴いてたけど、
鋼鉄の歩みは通しでは何度か聴いた程度。

何とも荒々しいプロレタリアな作品。
終曲は巨大な工場がフル稼働してるよう。

ドニエプルが始まるとホッとする(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2018

カメラとレンズと写真の話 その4

今使ってるカメラは4台です。
どれがメイン機でどれがサブ機って訳でなく、
レンズのマウントによって使い分けています。

全部、とっくに生産終了してるので
今さら取り上げてどうするって話ですが、
まだまだ現役で頑張ってるので紹介します。

◼Lumix GX1
1528972276103.jpg
一番出動機会の多いカメラです。
大きさがちょうどいい。
後継のGX7は一回り大きすぎるし、
一時出てたGMは小さすぎた。
GFも良いんだけど、ちょっと可愛すぎる。
PEN Fの1/8000も魅力的なんですが、
少し大きい上にかなり高い。
きっとGX1を壊れるまで使い続けます。

◼RICOH GXR
1528972281428.jpg
このカメラこそ壊れたらどうしようかと思う。
孤高のユニット交換式カメラで
後継も途絶えてしまってます。
でも、とても使いやすい上に
写りが素晴らしいんですよ。
MOUNT A12ユニットを使うと
Leica Mマウントのカメラになります。
元々こんなマイナーなカメラなんぞ
買うつもりは毛頭なかったんですが、
ロシアのJupiter-12ってレンズを買ったら
後玉が思いっきり飛び出していて
マイクロフォーサーズでは使えなかった。
調べてみたら当時使えるカメラは殆どなく、
唯一私が買える値段のモノがGXRだったって訳。
で、使ってるうちにこのカメラが大好きになり、
散歩のにはGX1よりも頻繁に
持ち出すようになりました。

◼PENTAX Q10 & Q7
1528972285867.jpg
このカメラもしばらく後継機が出てません。
今やスマートフォンのカメラにも劣る画素数。
だけど、Dマウントが使えるカメラは
Qシリーズだけなんですよね。
しかもQ10とQ7ではセンサーサイズが違うので
どちらも手離せません。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2018

通勤時間の今日の一枚。

通勤時間の今日の一枚。
アートブレイキー&ジャズメッセンジャーズに
18歳のマルサリスが参加したライヴ音源。
この時点でのこのバンドの音楽監督は
ボビーワトソンですね。
私は彼の楽曲が大好きです。
そこにマルサリスが入って
主役が奪われて行くんですね。
ま、この演奏を聴いたら納得ですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 10, 2018

ピアノ×クラリネット×ベース

昨日は七、八年ぶりのクレオールでした。
西山瞳(pf)、鈴木孝紀(cl)、光岡尚紀(b)の
変則的なトリオによる演奏。
しかも三人とも枚方在住or出身と云う
これまた偏狭的なトリオ。

面白かったのは三人の持ち寄った曲を
ほぼ均等に演奏していた事。
光岡さんは恐らくメインストリームな
ジャズが好みだと思われ、
他の二人とは選曲の毛色が異なっていて
これがいい変化になってたように思います。
西山瞳さんの"Suger"は初めて聴いた(笑)。
今回はオリジナル曲は少な目だったけど、
アンコールのひらパーな曲は破壊力があった。
オチャラケっぽいけど本気の作品。
あー、スパルタカスがひらパーに聴こえる。


会社のクラシック好きの後輩と行ったんですが、
彼はクラリネットの鈴木さんの演奏が
かなりツボだったようです。
私も同感。
彼のオリジナル曲も良かったし、
ややモタるようなの歌い口も良かった。
何よりサブトーンっぽいクールな音色が
魅力的だったなぁ…。

帰りは約二十五年ぶりののんちゃんで
焼き鳥で一杯やりながらの音楽談義。

ピアノ×クラリネット×ベース
こう云う話をしてる時が一番幸せだわ。

いい一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2018

休日、ライヴを聴きに行く途中の今日の一枚。

休日、ライヴを聴きに行く途中の今日の一枚。
サミュエルバーバーのピアノ曲集。
ダニエルポラックと云う人が弾いてます。
ピアノソナタは薄い調性のなかでも
混沌とした雰囲気はなく、
メロディが印象的で色彩感がありますね。

Excursionsって四曲から成る作品は面白い。
ジャズ寄りの耳で聴いてしまう。
それもガーシュイン的なジャズではなく、
特に一曲目はこれだけをいきなり聴くと
ヨーロッパ系のピアニストのソロ演奏かと。
四曲目はコープランドっぽくてちょっとダサい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2018

田舎のネズミ

田舎のネズミ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2018

週末ゼルダ終了。

週末ゼルダ終了。
今年の頭から週末の朝だけ続けていた
ゼルダの伝説が終わってしまいました。
終わってしまうのが惜しくて、
ここ1ヶ月はストーリーを進めず、
祠やミニチャレンジに興じてましたが、
それも全部終わってしまったので、
ラスボスに会いに行ってみたら、
二回目で討伐できてしまった。

いいゲームだったなぁ…。
我が子はエンディングを見ながら
涙ぐんでいました。

惜しむらくはリザルフォス避けで
マスクをかぶったまま
エンディングに突入してしまった事だ(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)