« 危険な関係のブルース | トップページ | 今、ファイトがヤバイ。 »

2005/06/04

ルーマニアまにあ

映画「スウィングガールズ」のヒロイン友子の妹が
プレステ2で遊んでいたゲームはスペースチャンネル5です。
んでもって、ラストのコンサートシーンで演奏されていた
"MEXICAN FLYER"って曲は、
実はスペースチャンネル5で用いられていた曲。
知ってる人ならニンマリする伏線を張ってたりするんですね。

今はもうゲームはやらなくなりましたけど
昔は結構嵌ってた時期がありました。
世間がスーファミからプレステへと移行していく中、
セガを愛し、メガドラ、セガサターン、ドリキャスとお付き合いしました。
もしセガが家庭用ゲーム機を止めなかったら
今でもゲームを続けていたかもしれません。

個人的にはメガドラ時代のソフトに思い入れがあるのですが
ドリキャスのゲームは優れたものが多かった気がします。
「スペースチャンネル5」しかり「ジェットセットラジオ」しかり
「クレージータクシー」しかり…、
そんでもって「ルーマニア#203」しかり、なのです。

roommania主人公ネジタイヘイの部屋を覗き見ながら、
彼の人生に介入していくと云うゲーム。
直接彼をコントロールするのではなく、
部屋のあちこちをクリックして、彼の意識を向けさせ
物語を誘導していくと云うシステムが新鮮でした。
更にゲーム内に登場するセラニポージと云う歌手が
非常に魅力的で、それを聴くだけでも価値あり。
細かいところに色んなコネタが仕込まれていて
数ヶ月間、サルの様に遊び続けていた記憶があります。

roommania_pororiルーマニアの続編が出る頃には
セガのゲーム機は消滅し、
プレステ2での発売となりました。
「ニュールーマニア ポロリ青春」
ファンの間では1作目の方が
良かったとの声もありますが
私はこっちの方が好きです。
主人公ネジタイヘイの他に
地味で可愛いコイズミカカトと云うヒロインが登場。
何だかつじあやのさんを彷彿とさせるキャラです。
私は続編も数ヶ月間、サルの様に遊び続けました。

そろそろ3作目を望むところなのですが、
セラニポージの音楽を作ったササキトモコさんは
ウェーブマスターを退社され、
セラニの活動も凍結されてます。
才能がちりぢりばらばらになってしまっては
同じクォリティのモノを望む術もありません。
きっと全国で沢山のルーマニアまにあが
首を長くして待っていると思うのですが…。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルーマニアまにあ:

コメント

こんにちわ★
あなたのサイトをランキングに参加しませんか?
ランキングに参加すると見てくれる人が今以上に増えますのでお得です(^^)/
ではこれからも頑張って下さい☆

投稿: 人気BLOGRANK | 2005/06/04 18:24

コメントを書く