« 映画のツボ4 | トップページ | 「を」 »

2005/08/06

やっぱり音楽のある生活

とうとうi-tuneのストアが日本上陸!
あ、ネットなので上陸と云う表現はふさわしくないか…。
いづれにしろ、i-pod&i-tuneの勢力は更に力を伸ばしそうな様子。

でも、今のところは傍観かなぁ、ストアの方は。

ここんところ音ログに嵌って
家に帰ったらi-tuneで音楽流しっぱなしにしてたんですが
(これを原音かけ流しと命名)
どうも音楽を聴いてる気がしなくなってきました。
私のPCの音周りが貧弱だってのもありますが、
もともとBGM程度に音楽を聴くよりも、浸って聴く方が好きだったんで、
ごろごろしながら音ログをチェックしたりしてると
逆に音楽が片手間になってしまって、実に良くない。

やっぱり音楽はじっくり純度を高めて聴かないと駄目ですね。
今のところ、私にとっては形あるメディア、
要はレコードやCDじゃないと、しっくりこないや。
with_music


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり音楽のある生活:

» 陸マイラー的、iTunes Music Store(iTMS)の攻め方 トラックバック 大野課長のタビタビ日記
   8月4日から、音楽配信サービスとしてアップルコンピュータは、、「iTunes Music Store(以降iTMS)」のサービスを日本で開始しやした。    今までも音楽配信サービスは、オリコンや、ヤフーがやっているのがあったんでやんすが、今回はダウンロード曲数100万曲、とい... [続きを読む]

受信: 2005/08/06 21:51

コメント

最近iPod shuffleを買いましたが、基本的にはCD丸ごとトラックを統合した形で流し込んで聴いてます。一度に流し込むのはCD1枚ぽっきり。
これって、iPod shuffleが想定している使い方とはちょっと違うと思いますが、どうも原音かけ流しだと(しかもシャッフル状態だと)、音楽が体内にインストールされないというか、さっぱり残る物がない感じがして。まぁそういう聴き方をしたいときもあるけど。
というわけで、ほとんどまる一週間、通勤とスポーツジムで自転車を漕いでいる間は1枚のCDをずっと聞き続けているような状態ですが、これはなかなかいいです。

投稿: heli | 2005/08/07 12:22

iPod shuffleって無茶苦茶小さいですよね。
かなり惹かれてます。
ディスプレイがないのは不便そうですが
CDを持ち歩く代わりだと思えばそれでいいのかも。

ヘリさんのブログを読んでトラックを統合する技を知りました。
ライヴモノでぶちぶち切れるのが気になってたんですよ。

私のi-podは40Gの古いヤツです。
ちょっと重いです。
主には通勤&営業車用で使用中です。
ランダムでかけてると「これ誰だ?!」って事がザラ。
どれだけ自分の持ってるCDを聴きこんでいないかがわかります。

お気に入りのイヤホンのe2cが噂どおり一年で断線。
今、二代目に交換しました。
あ、でもこれ、スポーツジム用には向かないでしょう。
体の振動が内側から伝わってくる感じが強いので。

投稿: しほたつ | 2005/08/12 14:18

コメントを書く