« CGへの憧れ | トップページ | @tower復活 »

2005/12/28

CGへの憧れ その2

一時、ゲームにのめりこみ、
かなりのお金を使ってましたが
今思えば、根っからゲームが好きなのではなくて、
CGを見たいからやってたフシがあります。

中でも3DCGには目がありませんでした。
子供の頃から幾何学的なモノが好きだった事もあって
目の前で三次元の物体がグリグリ動くだけで満足でした。
テクスチャもない剥き出しのポリゴンでもカッコよかった。

そしてバーチャレーシングとかバーチャファイターが出てきて
やっと一般の人にも3Dの面白さが伝わるレベルに到達したんだと思います。
おそらくそれ以前のハードドライヴィンとか
スタークルーザーとかを普通の人がやっても
操作性の悪いゲームとしか思えなかった筈です。

かくしてPCの進歩と共にCGはレベルが向上し、
あらゆるところで目にするようになって、
表現力もどんどん上がっていきましたけど、
次第に見てる方の感覚は麻痺してきて、
最初の頃の様なトキメキはなくなってきました。
見てるだけでは…。
まさか自分で3DCGが作れる様になろうとは
4~5年前には思っても見ませんでした。

感動的だったのは、メタセコイアとの出会いです。
今でも3Dモデリングソフトの最高傑作だと思っています。
粘土でも捏ねる様に直感的に作っていける驚異のソフト。
しかも僅か5000円のシェアウェア!
試用するなら一部機能が制限されますが
フリーで無期限使用可能!
こんな素晴らしいソフトがこんなに安価で使えるなんて
ありがた過ぎて申し訳ない程です。
inu_p
上の画像は、実際の操作画面です。
来年の戌年に向けて、
いぬきゅうの彼女キャラを作成してるトコ。

もう一丁凄いフリーソフトをご紹介しましょう。
terragenです。
これは適当に数値を決めたり、マウスで適当な濃淡をつけるだけで
高いクォリティの風景が描けると云うモノです。
fuukei
この程度のモノが僅か3分(誇張なし)でできます。
英語なので細かい設定をイマイチ理解してませんけど、
オフィシャルガイドのウェブサイトには丁寧な日本語マニュアルがあります。

もっと本格的なモノを作りたい方とか
アニメーションにチャレンジしてみたい方とかは
もう少し高価なソフトが必要になってくると思いますが、
メタセコでグリグリこねくり回しながらモデリングしてるのが
一番楽しかったりして…。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CGへの憧れ その2:

コメント

コメントを書く