« 驚くほどよく飛ぶ紙飛行機 | トップページ | 恒例のクリスマス企画2006 »

2006/12/03

2つの印度カレー

先日、昼にカレー、晩にカレーと、
印度人もまったりな梯子をしてしまいました。
別に昼飯に何を食ったのか忘れて
重なった訳ではなく(笑)、
どっちも気になるお店だったので
勢いで行ってしまったのです。

昼は名古屋駅前地下街のタンドゥール。
名前はタンドゥールですが窯はありません。
普通の小さなスタンド形態のカレー屋です。
おばちゃんのやってる老舗の店なんだそうで。
本格インドカレーを銘打ってますが、
和印折衷とでも申しますか、独特のルーでした。
思いっきり玉ねぎが多いです。
ルー全体がモロモロしてる感じです。
で、辛口を頼んだんですが、そんなに辛くない。
辛いカレーが好きな人はそれ以上をお薦めします。
香りも独特で他にあんまりないバランス。
ジンジャーかカルダモンの比率が高いか?
「はてな?」と思ったのはカウンターに置かれた福神漬け。
インドカレーに福神漬け?
この感覚に昭和を感じました。

Eikokuya夜は覚王山のえいこく屋。
名前は和風ですが、
本格的なインド料理の店でした。
2100円セットを頼んだら
凄い量が出てきました。
カレー2種類、ナン、ライス、
サモサ、シシカバブ、
タンドリーチキン、野菜が
大きなお皿の上にテンコ盛り。
た、食べ切れない…。
味はどれも美味しかったです。
2種類のカレーは野菜が固定で
あと1つは海老かチキンの選択。
私はチキンにしたんですけど、
味のベースが同じだったので、
食べ比べしてる感じがもうちょっとあってもいいのに、と思いました。
でも、さすがインド人の料理人だけあって、スパイス使いが上手。
ただ辛いだけじゃなくて、少しトマトが多めの食べやすいカレーでした。
とにかく、満足度は高いです。
コース料理よりもリーズナブルなので、
呑みながらゆっくり食事するにはいいかも。
しかも、食後の飲み物付き。
スパイスのバランスが絶妙なチャイが美味しかったです。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2つの印度カレー:

コメント

コメントを書く