« ヴァーチャルビューティに挑む その4 | トップページ | よれよれ→ガツン→更によれよれ »

2007/10/24

MANY SEASONS/西山瞳(SPICE OF LIFE)

Many_seasonsピアニスト&コンポーザー西山瞳さんの
待望のメジャー2枚目のアルバムが
本日発売となりました。

ここ一年程のライヴで演奏していた
オリジナル曲中心の構成です。
様々なタイプの曲が並んでいますが、
どの曲も作曲家としての西山瞳さんの
非凡な感性が色濃く出ており、
表面的なドライ感やウエット感の差はあれ、
根っこの方では繋がってる気がします。

日本でのトリオのライヴと比べると、
スウェーデントリオの演奏は
スタジオ録音である事、それから、
打ち合わせが短い事などの要因もあって、
比較的律儀に演奏を組み立ててる感じですね。
原曲の良さをストレートに伝えているので
「西山瞳ソングブック2007」ってイメージでしょうか。

私はアルバムラストの"INNERTRIP"とか
"YUME-UTSUTSU"(未収録)の様な
精神世界を彷徨うような曲が好きです。
ただの「ヨーロピアンジャズテイスト」でもなければ
ただの「綺麗なピアノ」でもない。
難解過ぎないけど、密かに強い毒をはらんでます。
私が彼女を応援し続けてる理由はここにあるかもしれません。


あとオリジナル以外の選曲も面白い。
武満徹の"WALTZ"やメセニーの"HERMITAGE"、
それから意外にもライヴでなぜか頻繁に演奏する
レイブライアントの"SNEAKING AROUND"。


蛇足ながら、個人的にはB&WN802を買ったばかりなので、
どんな音が鳴るのかも楽しみにしておりました。
もー、音の粒立ちに感動しております。
特にベース音が無茶苦茶イイです。引き締まった低音。
orpheus three Sではパワー不足かと思ってたんですが、
なんのなんの、部屋で聴くにはこれで十分でした。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MANY SEASONS/西山瞳(SPICE OF LIFE):

コメント

コメントを書く