« 悪魔降臨 | トップページ | 今日の晩酌 その10 »

2007/12/05

ヴァーチャルビューティに挑む その11

今回はいよいよ骨入れです。

Vinus92
この棒立ちのキャラクターを動かせる様にしていきます。
(腕は真横に伸ばしていたんですが、少し下げました。)


「システム」から「Biped」を選んで、大まかに配置。
Vinus93
標準的な体型なので大きなズレはありませんが、
それでも完全に一致はしないのは当たり前ですね。


まずはBipedのどのパーツでもいいから選択して、
「モーション」から「フィギュアモード」に入ります。
これはBipedを調整していくモードです。
そして最初に中心であるbip01の位置を合わせます。
Vinus94
尻こ玉ですね。


ここからは根気よくキャラクタに骨を合わせていきます。
特に指先は大変でした。
Vinus107


一応、右半身の骨のサイズを合わせたのがコレです。
Vinus95

で、j左半身にコピーして一応完成。
Vinus96
フィギュアモードを終了します。


次におねえちゃんの体のオブジェクトを選択して、
これに「physique」モディファイヤを適応します。
但し、メッシュスムーズより下の階層にしとかないと
処理が重くなってしまうんだそうです。
Vinus108


んでもって、「physique」モディファイヤを選択して、
「ノードへのアタッチ」のボタンを押します。
Vinus109

そして、その状態でbip01を選択してやりますと、
こんな窓が出てきます。
Vinus110_2
何も考えず「初期化」を押します。

これでおねえちゃんのボディに骨格が適応された事になります。


例えば腕のbipedを動かすと、
Vinus101
ちゃんと腕が曲がる様になりました。


ここまではすんなりできたんですけど…。
問題はこれからです。
しほたつに大きな試練が!

まて、次号!

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴァーチャルビューティに挑む その11:

コメント

コメントを書く