« 今回の記録 400×13 | トップページ | parallax in West Darts Club »

2008/03/22

光と音と車の話。

今日から光接続になったんですけど、
ADSLと体感速度はあんまり変わらないなぁ…。
NTTまで100mもないくらいの距離だから
電話線でも十分速かったのかも。

Pc_and_audioで、接続にきたNTTの人が
パソコンの設定をしながら、
横のオーディオラックを
チラチラ見てるんですよね。
(ひょっとしてオーオタ?)
マニアックな話をされても困るので、
私は知らない振りをしてたんですが、
ついに彼が躊躇いがちに口を開いたっ。
「これって高そうですね。
一つ10万くらいするんですか?」
あらら、全く逆でした。
どんなジャンルでも門外漢は
値段から入ってきます。
私が大体の価格を云うと、
目を丸くしながら、
「えー、車が買えるじゃないですかー。」って。
出たー、お決まりの反応。
行間を読むと、
「たかがCD聴くのに何で車一台分の金をかける必要があるの?」
って価値観が見え隠れしております。
きっと、どう説明しても理解してもらえないので、
「私、車持ってないですし、独身ですから。」
と、本意ではないセリフで逃げておきました。


でも、本当に云いたかったのはこう云う事です。

「私はオーディオマニアではありません。
しかもレコード&CDコレクターでもありません。
聴く事に悦びを感じている普通の音楽好きです。
新しい音楽との出会いを求めてるうちに
沢山のレコード&CDが集まってしまいましたが、
集める事を目的にしている訳ではありません。
しかし、ソフトが増えすぎて、
自分でも把握しきれなくなってきたのも事実。
そこで、音楽からより多くの悦びを得る為には
新しいソフトを購入するよりも
手持ちのソフトの音質を底上げした方が
価値のある投資ではないかと考えました。
1枚あたりの満足度が1.2倍になったとしたら、
"×枚数分"の総満足量になるのではないかと思ったのです。
で、社内の積み立て貯金を解約してオーディオを買いました。
とりあえず満足できるシステムが組めたので、投資は終了。
後は音楽を聴き続けるだけです。」

音楽好きの皆様ならわかってもらえますよね?

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光と音と車の話。:

コメント

コメントを書く