« 立体への憧れ | トップページ | This is how I feel about Jazz Vocal vol.1 »

2008/04/13

大学の先輩と呑む。

またもごく私的な週末日記です。
「大学の先輩と呑んで食った。」だけの内容です。


土曜日夕方、ナナちゃん前で待ち合わせる。
今日のナナちゃんは裸エプロン状態だった。
Nana_yasai


行こうと思っていたSIAビル地下の食乃工房純は土曜お休み。
そのままぶらぶら歩いて、
おばんざいの青木商店に飛び込みで入る。
薄味でそこそこ美味しいお店だった。
Wakatake_3Sakuraebi_satsuma_3Soramame_2

7時過ぎにはほぼ満席になっていたので人気の店っぽい。
店作りは今風。客層も比較的若かった。
カシスグレープやシャンディガフでおばんざいを食べていた(笑)。
我々は焼酎を呑みながら大学時代の思い出話に花を咲かせる。
卒業して20年も経つと、なかなかみんなで集まる機会はないが、
あの頃の友達って、数年会わなくても気持ちは疎遠にならない。


二軒目は広小路長島のバーBARNS。
美味しいお酒を呑みつつ、何を話したのか、あまり記憶がない。
でも時間は知らない内に流れている。
いいバーは時間感覚が狂う。
Springbank1968Scapa27

いただいたお酒はモスコミュール、スプリングバンク1968 36年(写真左)、
スキャパ1977 27年(写真右)、グレンギリー1967 31年。
先輩はカティサークの古いボトル、トマーチン18年(だったと思う)、
ストラスアイラ12年を楽しんでいた。


先輩とは地下鉄の千種で別れる。
ここまでで相当酔っていたので、まっすぐ帰ればいいのだが、
最寄り駅まで戻るとバーCASKがある。
ふらふらと足が向かう。

しかし、もうお酒は飽和状態。
ジンフィズとジンバックを呑んでお暇する。


朝起きたら、テーブルの上にミニストップのナポリタンスパゲティを
食べた残骸があった。
思いっきり体に悪い一日だったと反省。
でも楽しかったからいっか。

体力回復に日曜日一日を費やす。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学の先輩と呑む。:

コメント

コメントを書く