« 北海道から博多まで。 | Main | 打ち止め »

February 27, 2012

和のポロック

水墨画は長い歴史の中で様々な表現がなされてきましたが、
ジャクソンポロックのドリッピングの様な技法を用いて、
抽象的な絵を描いた人が江戸時代にいたとは。
P20120227165422
しかし、描こうとしたモノが抽象的なモノではないらしいことは
絵のタイトルの「老梅鳥図」からもうかがえます。
ひょっとしたら色彩が施された部分が色あせてしまってるだけで
元々はもっと具象に近い絵だったのかもしれません。
エイジングも込み込みで抽象作品と云えるんでしょうね。









…ごめんなさい。
全くの嘘です。

水で描けるパイロットの「スイスイおえかき」で
子供が適当に描いたモノでした。
P1190538_r

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28740/54091428

Listed below are links to weblogs that reference 和のポロック:

Comments

また騙されそうになった俺が通るわけですが、
この1枚目の写真、どうやって作ったのですか?
ほんとに古ぼけたモノに描いてる風に見えます。

Posted by: ゆきを | February 27, 2012 at 08:56 PM

昨日 ちょうど東京でボロックの絵をみてきたという方と話をしたところだったから、超〜びっくりしました。 オチがもう、どっぷり子育てに浸かった状態がよくわかり、それと大人の間を行ったり来たりしているのが快感となってますね?しかし ボロックもびっくりな作品…

Posted by: bar | February 27, 2012 at 10:54 PM

■ゆきをさん

レタッチはlittle photoってAndroidのカメラアプリです。
撮る時だけぢゃなく、画像データにもエフェクトが掛けられるので、
結構重宝します。

■barさん

ポロックは映画にもなってますよね。
あ、DVD買ったけど観てないや。
作品も何点か観ましたけど、
何かずーっと観てしまいます。
感覚的ですが、面白いと思いました。
偶然の要素もありますが、配色や構図は
作者がコントロールしてるので、
作風も滲み出てくる感じがします。

Posted by: しほたつ | February 28, 2012 at 08:33 AM

Post a comment