« 全勝優勝 | トップページ | 二歳です。 »

2012/09/24

超広角と超望遠。

朝のウォーキングには大抵20㎜F1.7のパンケーキレンズを持って行ってます。
ズームがないので構図を決めるすべはフットワークしかありませんが、
気に入った風景を切り出そうとしてちょろちょろ動き回ったり、
道端で気になったモノの前に何分もしゃがみ込んだりするのは、
ひと気のない田園地帯の朝の散歩らしくていいかなと思います。

それでも
「もっと広い画角が欲しいなぁ。」
とか
「これ以上踏み入れないけど、もっとアップで撮りたいなぁ。」
と思う事がしばしばあります。

過去にレンズを2~3本持ち歩いた事もありますが、
私のカメラはレンズが小さいとは云え、それでも嵩張って重たいし、
その度レンズを付け変えてると、立ち止まってばかりで運動にならないしで
それ以来、複数レンズの持ち歩きは封印することに致しました。

そこで、この週末、土曜日に7-14㎜F4.0の超広角レンズを
日曜日に100-300㎜F4.0-5.6の超望遠レンズを付けて歩いてみる事にしました。


体が20㎜F1.7に慣れてるせいで、色々勝手が違い、それはそれで面白い体験でした。


【土曜日】超広角の日

14㎜(35㎜換算で28㎜)だと画面の歪みも少ないので、
割と普通のスナップ写真用レンズとしても使えそうです。
P1300715_r

P1300773_r

P1300834_r
但し、F4.0なので、ここまで寄っても遠景が綺麗にボケませんね。

その代わり、7㎜(35㎜換算で14㎜)だと景色の広がりが実物以上です(笑)。
P1300727_r

P1300764_r

見た目よりも遠近感が出るので、こんな遊びも。
P1300771_r

って事で、勝手の違うレンズで色々撮ってみました。
P1300785_r

P1300789_r

P1300791_r

近所の高松神社も立ち寄ってみました。
P1300809_r

落書きされ放題のワーゲン。
P1300822_r

戦闘機の様な羽根の蛾ですね。
P1300840_r


【日曜日】超望遠の日

100-300㎜(35㎜換算で200-600㎜)が手軽に持ち運べるのは
マイクロフォーサーズの凄いところ(らしい)。
マイクロフォーサーズしか知らないので、それが凄いと云う話も聞き齧り。

望遠だと今まで写せなかった水路の向こう側や私有地の中の風景も
引き寄せて撮れるのはありがたいです。
しかも結構背景がボケてくれます。
P1310069_r

その代わり、手ブレが大変です。
P1310131_r
これもちょっとブレてますね。

P1300894_r

しかも、肉眼では分からない発見をする事も…。
P1300891_r
彼岸花の中で蝶が死んでます。

いつもの道がちょっと違う感じに撮れました。
P1300913_r

広角と同じ場所で撮ってみました。
P1300919_r

P1300928_r

溜池の鳥もそこそこ引き寄せて撮れました。
P1300985_r

広角よりも使いやすいかも。
P1310024_r

P1310031_r

P1310043_r

P1310082_r

P1310099_r

朝日が重い雲の隙間から一瞬見えました。
しかし、ほんの数秒で雲間に隠れてしまいました。
P1300883_r


今回の発見。

いつもの20㎜単焦点レンズだと、
①面白いモノを見つけた。
②近づく。
③撮る。
ってアクションになりますが、
望遠レンズだと
①面白いモノを見つけた。
②少し離れる。
③撮る。
ってアクションになります。
①から②への進む方向が逆なので、慣れないと、まごまごしてしまいますね。


また、持ち歩くレンズによって、景色の見え方が違う気がしました。
と云うよりも、知らず知らずのうちにレンズに合わせて見方を変えてる感じです。
これは良くもあり悪くもありだと思います。
明らかに「レンズを活かして良い写真を撮ってやろう。」と狙ってる自分がいます。
ミラーレスにしてからええかっこしいの写真が増えているのはそのせいです。
いけませんね。

って事で、やっぱり朝のウォーキングは基本的に20㎜レンズ一本で続ける事にします。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超広角と超望遠。:

コメント

しほさんの20ミリって35ミリ換算で40ってことでしたっけ?
ミラーレスのカメラって、液晶で画像見るだけなのですか?のぞくところもあるですか?
え、ミラーレスってそういう意味じゃないのかな、、


(↑こんなやつ・・・
 でも広角のん、げっとしました・・・ww

投稿: ゆきを | 2012/09/24 21:42

超広角で撮った道の写真を眺めていたら、

♪おうちが だんだん遠くなる

っていうフレーズが頭に浮かびました。
野口雨情も超広角視点で風景を眺めていたのかな。

投稿: まんぞヲ | 2012/09/24 23:15

■ゆきをさん

>しほさんの20ミリって35ミリ換算で40ってことでしたっけ?

はい、そうです。

>ミラーレスのカメラって、液晶で画像見るだけなのですか?
>のぞくところもあるですか?

のぞくところがある機種もない機種もあります。
私のはあります。

>え、ミラーレスってそういう意味じゃないのかな、、

そう云う意味だと私も認識してます。
ミラーがないので、反射した画像をファインダーに写せないため、
デジタル画像をファインダーに写している様ですよ。

ファインダーを覗かないと姿勢が安定しないので、
私も最近はファインダーを覗く事が増えてきました。


■まんぞヲさん

>超広角で撮った道の写真を眺めていたら、
>♪おうちが だんだん遠くなる
>っていうフレーズが頭に浮かびました。

あの歌詞は家に帰ろうとしてるのに、
いつまでたっても家が近づかない怪奇現象だったんですね(違

投稿: しほたつ | 2012/09/25 08:49

カメラのことは全くわかりませんが…思い描いたイメージ通りの写真を撮るのは難しいんだなということは、なんとなくわかります。人間の脳の情報処理ってすごいんですね。
オクラの花って意外ときれいですねー。

投稿: Salty | 2012/09/25 21:44

■Saltyさん

なかなか良い写真が載せられなくて申し訳ありません。
人は色んな角度からみた映像を瞬時に合成してるんでしょうね。
セザンヌとかピカソとかみたいです。

投稿: しほたつ | 2012/09/26 18:37

■Saltyさん

なかなか良い写真が載せられなくて申し訳ありません。
人は色んな角度からみた映像を瞬時に合成してるんでしょうね。
セザンヌとかピカソとかみたいです。

投稿: しほたつ | 2012/09/26 18:53

コメントを書く