« 風が吹けば…。 | Main | レントゲン。 »

December 28, 2012

広重の構図。

私は歌川広重の「江戸名所百景」が好きです。
初めて観た時、特異な構図にびっくりした覚えがあります。

例えばこの絵。「水道橋駿河台」
P1060028_r
度肝を抜かれる鯉のぼり(笑)。
鯉のぼりがなければ普通の風景画なんでしょうけど、
このオブジェクトが一つ配されているだけで全然違ってきますね。

これも同じ手法ですが、とてもカメラ的です。
P1060027_r
「はねたのわたし弁天の社」と云う絵ですが、
見切れた船頭の手足で船に乗ってる様な臨場感がありますねぇ。

この「月の岬」なんかは写真だったら失敗ショットですよ(笑)。
P1060025_r
一見すると、伽藍堂の大広間ですけど、
着物の裾と障子の影で人の気配を感じつつ、
フレーム効果で遠景を覗き見てる様な気持ちになります。

「深川州崎十万坪」まで行くと空想の世界ですね。
P1060024_r
広重は「ニルスの不思議な旅」の大ファンだったらしい(大嘘)。


最近、写真の構図の本を読んだりしておりますが、
「こうすればプロのカメラマンみたいにかっこいい写真を撮れる。」
って方向性のモノが多い気がします。
でもホントのプロのカメラマンはそこから一歩踏み出して
個性的な写真を撮ろうとしてる筈なんですよね。

思い切って広重くらい羽目を外して撮ってみるのも面白いかな、
と考えたりする今の俺。

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28740/56364015

Listed below are links to weblogs that reference 広重の構図。:

Comments

構図も興味を惹かれますが、水道橋駿河台の絵などは、現在は神田川の左側に中央線が走っているはずなのであの見晴らしのいい辺り、富士山を基準に現代の風景と定点比較撮影が出来るのではないかと思いました。羽田の渡しは海老取川でしょうか。深川須崎十万坪の俯瞰を見ると、あの辺りに免許センターがあるはず、などと余計なことを色々考えてしまい、現在、江戸名所百景をポチる寸前の気分です。ソラマチの三省堂で売っていないかな。それにしても何て東京好きな自分。

Posted by: まんぞヲ | December 29, 2012 at 01:20 AM

ちょっと落ち着いて考えてみました。

広重が、こういう着想に至った背景を考えるのも、面白いかと思いました。例えば深川洲崎十万坪(さっきのコメントは洲崎の変換を間違えていた)。

広重が俯瞰で描きたくなる程、当時の洲崎は今で言うディズニーリゾートに匹敵する娯楽・歓楽の街であったんだなぁと思うのです。見れば見る程面白い。

Posted by: まんぞヲ | December 29, 2012 at 01:26 AM

などと書いていて洲崎が歓楽街になったのは明治以降だったと気づいてなんだか恥ずかしくなった。眠い頭でとりとめなく書くとろくなことがないですね。汗。

Posted by: まんぞヲ | December 29, 2012 at 01:31 AM

■まんぞーヲさん

熱いコメント読ませていただきました。
地理に明るいと今と昔の比較など更に面白そうですね。

>富士山を基準に現代の風景と定点比較撮影が出来るのではないかと思いました。

確か今昔比較の本は出ていたと思います。

>広重が、こういう着想に至った背景を考えるのも、面白いかと思いました。

ですよね。
色んな切り口で楽しめる作品集だと思います。
あと北斎への対抗意識とか(笑)。
その他に東海道五十三次や六十余州名所図会も面白いですが、
作品の面白さでは江戸名所百景が群を抜いてると思います。

Posted by: しほたつ | December 29, 2012 at 08:54 AM

私写真の本とかそういえば読んだことなかった、、
構図の勉強とかしたほうがいいなぁ。。。

Posted by: ゆきを | December 29, 2012 at 06:21 PM

> 確か今昔比較の本は出ていたと思います。

ああ、やはり同じことを考えて実行した人はいるのですね。
定点比較って日本人の好きな分野なのかな。
最近知り合いになった人で東急多摩川線沿線の定点比較を
している人がいます。

Posted by: まんぞヲ | December 30, 2012 at 11:20 AM

■ゆきをさん
ゆきをさんって、先生に習ってませんでしたか?
構図の本も読んでみると面白かったです。

■まんちゃん
白黒写真や色褪せたカラー写真を見ると
わくわくしてしまうのは日本人のだからかな?(笑)

Posted by: しほたつ | January 02, 2013 at 12:31 AM

■しほさん

カルチャースクールに行ってました。
みんなが撮った写真をスライドでみんなで見ながら、先生が感想を言うという感じでした。
ご年配の方ばかりだし先生やさしいのですごーく褒め上手でね・・・。

Posted by: ゆきを | January 02, 2013 at 10:24 AM

■ゆきをさん

褒められて伸びるタイプの人には良さそうです。
私も褒められて伸びるタイプ…、
と云うより、叱られると萎縮するタイプなので、
そう云う先生が良いなぁ…。

Posted by: しほたつ | January 04, 2013 at 06:17 AM

■しほさん

でも、自分のだめなところがどこかわかりようがないんです・・

Posted by: ゆきを | January 09, 2013 at 11:03 PM

■ゆきをさん

>でも、自分のだめなところがどこかわかりようがないんです・・

確かにそうかも…。
教え方は人それぞれですよね。合う合わないも…。
あとカルチャーセンターとかだと
生徒に嫌われると存続できないなどの他の要因があったりして、
甘々になってしまうのかもしれないですね。

Posted by: しほたつ | January 10, 2013 at 08:40 AM

Post a comment