« 大喜利 第二問 | トップページ | 朝の暗闇歩き。 »

2013/11/23

お薦めしない本。

実はこの記事、下書き状態で半年以上アップしようかどうか迷ってました。
人の本を悪く書いているので気が咎める部分もあるのですが、
半年以上経って読み返しても、印象は変わっていないので、
酔った勢いでアップします。
一個人の意見として、読み飛ばしていただければ、と思います。

-------------- 8< ---------------------------- 8< --------------

飛行機での移動時間用に適当に買った本。
P1220421_r
タイトルにつられて買いましたが、結論から云うと、
殆ど学ぶものがない本でした。

最初から最後まで「写真は自由に撮ればいい。」ってスタンス。
それは良いんですけど、自由と云ってる割に意外と料簡が狭い。
自分の考えに合わないものは片っ端から否定しまくってます。

「○○について、よく尋ねられます。」と云う書き出しから、
それに答える形で持論を展開していくパターンが多いのですが、
そんな都合のいい質問をしてくる人が周りに豊富にいるのが不思議です。

あと、言葉の意味を国語辞書で調べて、それを論拠にしているのも謎。

何よりも載ってる写真に魅力を感じないので、私にはどうしようもない…。

アマゾンの評価には「目から鱗。」みたいな事が書かれているので、
私の方がズレているんだろうと思いますが…。




もう一つお薦めしない本を。
P1220418_r
まず断っておきますが、私はこの人の大ファンです。
DVDも本もCDもかなりの量を購入しています。
その中でもこれはかなりぷぅな内容の本です。
第一、本人が殆ど書いていない。
大半が、がいしゅつ(なぜか変換できない)のネタの焼き直しです。
この人のファンはディープな人が多い筈なので、
上澄み液だけを掬ったような内容の本はいらないと思うのですが…。



すっかり本を読む機会が減りました。
二十歳台で小説に入り込めなくなって、エッセイ中心になり、
四十歳台で書き手の意見に最後まで付き合い切れなくなる事が増え、
老眼も影響して、本を読むのが更に億劫になっています。
最近読んでるのは感情の動きの少ない情報関係の本ばかり。
ここ数年で読んだ所謂書き物と云えば、赤瀬川原平と伊集院光くらい…。

自分は駄文を書くのが好きな癖に、人の文章には厳しい。
これを一般的には頑固オヤジと云うのでしょうか。困ったモノです。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お薦めしない本。:

コメント

毒を吐く場所なんですから、どーぞどーぞ。

もしかして「きしゅつ」?

投稿: Salty | 2013/11/23 21:19

これは読んでみなくては。と思いました。
案外私は、目から鱗だったりして。

投稿: ゆきを | 2013/11/24 00:14

だめなものはだめ、とかたっぱしからこき下ろしてやりましょう。ただでさえ、日本の出版業界は「ゆるい」んですからね。「金返せ」っていう本が多すぎますよ。(といいながら、図書館で借りて読む奴>わし)

投稿: Jun Yamamoto | 2013/11/24 10:38

■Saltyさん

>毒を吐く場所なんですから、どーぞどーぞ。

とは云っても、炎上しないように結構気を使うものです(笑)。

>もしかして「きしゅつ」?

もしかしなくてもきしゅつです。
「がいしゅつ(なぜか変換できない)」で検索すると
大量に出てまいります。そう云うお決まりのネタでした。
失礼しましたー。


■ゆきをさん

>案外私は、目から鱗だったりして。

最初の数ページで大体の考え方はわかるんですが、
そのあと何百ページも同じ様なことがくどくど書いてあったら
はがれる鱗もなくなりますよ(笑)。


■準さん

>日本の出版業界は「ゆるい」んですからね。
>「金返せ」っていう本が多すぎますよ。

確かにそうですよね。
薄い内容でも一冊に仕上げるテクニックを
一冊の本に纏めて欲しいですね。

投稿: しほたつ | 2013/11/24 16:37

コメントを書く