« マジックブロック | Main | 中年ウォーレンサック »

November 29, 2013

ミスの連続。

遠浅だと思ってた海が急に深くなって焦っているしほたつです。

また、性懲りもなくレンズを買いました。
が、独身時代の様に衝動買いに身を任せて、
散財する程の金銭的余裕がないので、
本当に欲しいレンズに絞り込んで買おうと肝に銘じ、
今回入手したのがこのシネレンズです。
P1410697_r
Wollensak cine raptar 1inch F1.9です。
約11000円での購入でした。
イメージサークルが大きくて、それでいて小ぶりで、
日中でも明るくなりすぎないレンズ。

「あれ?同じ様なレンズをこないだ買ってたぢゃん。」と
このブログの常連さんはお気づきかもしれません。
そうです、実はこのウォーレンサックとほぼ同時に
ボシュロムの26mm F1.9 ANIMARを買っております。
比べると、F値は同じで焦点距離が1mmしか違わない。

欲しいレンズは絞り込むと云っておきながら、
その舌の根も乾かぬうちに…、と呆れられても仕方ありません。

実は今回海外のオークションサイトでミスをしてしまったのです。
先にボシュロムのレンズに入札したんですが、
その出品の配送地域がアメリカだけになっていたのを見落としてた。
すぐにサイトにキャンセルの報告をして、
画面上では入札履歴が消えていたので安心して、
第二候補だったウォーレンサックをオークションで入手。
しかし、どうやらボシュロムの方も落札した事になっていた様で
出品者から未入金の連絡が…。
日本に送れないのを見落としキャンセルしたつもりだった旨を伝えると、
何なら日本にも送りますよとの返事。
うーん、ウォーレンサックを買っちゃてるけど、完全に私のミスなので、
購入する事にしたのでした。


第二候補だったウォーレンサックではありますが、
ボシュロム以上にコンパクトでGX1に付けるといい感じです。
R0011529_r
ちょっとヘリコイドが重いので、ピント合わせしようとすると、
Cマウントのネジの方が緩んでしまうのはちょっと困るけど…。


ちなみにこのレンズにはカッコいい純製のフードがあるようですが、
マイクロフォーサーズで使うとケラレの原因になるそうです。
私の買ったのには付いてませんでしたけど。
それよりレンズキャップが付いていなかったのが、後々大変な問題に…。


ここから先の文章あまりにうだうだしていて、全く内容がありません。
私のアホさ加減を笑っていただける方のみ、お読みください。
 


中古品には備品が揃っていないモノも多々あります。
純正のキャップにまで拘る人なら別ですが、
私はちゃんとレンズを保護してくれれば何でも構わない方です。
ネットでフィルター径の情報をあちこち調べて、
安いキャップやフィルターを買って間に合わせています。

しかし、このWollensak cine raptar 1inch F1.9については
いくら探してもフィルター径の情報がどこにも転がっていない…。
商品が到着してから実寸を測ればいいんですが、
届いたらすぐに持ち出したいので、事前に用意して置く事が多い。
あれこれ海外のサイトを探しまくったすえ、
ついにこのレンズにフィルターを付けている画像を見つけました。
しかもフィルターに27㎜の文字がはっきりと写っている。
でかした、俺。

って事で、ちょっと前に書いたボシュロムの分と一緒に
27㎜フィルタ×2、27㎜キャップ×2個を八仙堂に注文したのでした…。

で、ボシュロムのレンズにフィルターが付かなかったのは前回ご報告の通り(笑)。

そして、ウォーレンサックの方はどうだったかと云うと、
…フィルター径が全く違っていました。フィルターの方が数回り大きい。

あれ?海外サイトで見つけた画像にははっきり27㎜と書かれていた筈だ…。
あれは一体何だったんだ?
改めてその画像を確認してみたところ、レンズとフィルターの間に
ステップアップリングをかましているではありませんか。
や・ら・れ・た…。

実際にレンズの実寸を測ってみたところ、24㎜くらい。
25㎜にはちょっと足りないので24㎜かなって感じです。うーん、微妙…。
不安だけど24㎜で当たってみよう。
これで24㎜から27㎜にステップアップするリングがあれば
買ったフィルターとキャップは無駄にならずにすむんですけど、
ネットで探しても24㎜-28㎜のリングが八仙堂で見つかっただけ。
諦めてそのリングとキャップを購入する事にしました。


で、届いたリングを付けてみたのですが、ユルユルでした…。
明らかに口径が合っていません。うう…。
心折れそうになりつつも、ここで諦めてはこれまでの努力も水の泡。
無駄遣いに凹みつつ、今度は25㎜-28㎜のステップアップリングをクリック。
きっと八仙堂の人は「あれこれやってんなー。」と思ってんでしょうね。


で、二、三日して届いた25㎜のステップアップリングを付けてみると、
一応ネジ山は噛み合っているようですが、かなり固い。
途中までは回りますが、途中で止まってしまいます。
それ以上ねじるとどちらかが壊れそう。
サイズがコンマ数ミリ大きいのか、精度の問題なのか…。

横から見ると、ちょっと浮いた状態になってます。
P1420491_r
一応、保護の役割は果たせるので何とか持ち出せる状態ではあるものの、
この隙間が不細工です。
ほんの数ミリの話なんですけど、これまでの努力と出費を考えると
ここで妥協するのは敗北感ぱんぱんです。


まてよ…。
これだけ前に飛び出してると、ケラレが発生してるかもしれないなぁ…。

気になったので、襖を撮って確かめてみました。
色が変なのはホワイトバランスを室内にしてたからです。

何もなし  
P1420243_r

ステップアップリング+フィルター
P1420242_r
縮小サイズだとわかりにくいですね。

左上の隅だけを切り出してみると、
0201
(何もなし、ステップアップリング+フィルターの順)

うわ、明らかにケラれてる。
さて、どうしよう…。

とりあえず、フィルター突き出し状態で一度持ち出して、
どれくらい影響が出るか確かめてみることにします。

つづく…のか?

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28740/58621829

Listed below are links to weblogs that reference ミスの連続。:

Comments

何年も前の記事にコメントしてごめんなさい。
私も先日、こちらと同じWollensakのシネレンズを購入したのですが、しほたつさんと全く同じ状況でフィルターサイズを探し求めながらここにたどり着きました。
その後、このフィルター問題はどうなりましたか?
ボシュロムのほうはどうでしょう?(こっちも購入検討中です)
是非とも参考にさせていただきたいので、よろしければお返事ください。

Posted by: さとこ | January 27, 2018 at 08:42 AM

◼さとこさん

はじめまして。
書き込みありがとうございます。

ウォーレンサックはここに書いてある状態で
あきらめました。
レンズのキャップがわりに
ステップアップリングを付けてます。
使うときは外しています。

ボシュロムの方はそもそもフィルタの
ネジが切られていません。
レンズは奥まっているので、
傷がつくことはないと思います。
私の買ったのには純正のフロントキャップが
付いていましたけど、
ゴム製でやや緩くて、持ち運びすると
鞄の中で外れてしまうことも。
昔のレンズは色々工夫が必要ですね。

Posted by: しほたつ | January 29, 2018 at 06:53 PM

お返事ありがとうございます!
ネット上で24.5mm-37mmのステップアップリングを見つけたのですが、それだったらいけそうな感じですかね?
ボシュロムのほうは28.5mmのslip-onで着けるタイプのseries Vのフィルターを付けている画像を見つけました!
私はそこにseriesフィルターじゃなくて、33.5mm-37mmのステップアップリングを着けて(つくのかわかりませんが。。。ネジピッチが)現代のフィルターとキャップを取り付けようかと画策しています。
どっちも37mmにステップアップなので見た目ちょっとアレですが、実益を取って、できるかな?
本当に色々工夫しなくてはいけないんだけれど、情報もなかなか少なくて、それで色々検索しているうちにまた違ったレンズを見つけてしまったりして、この沼に一体底はあるのか、不安です。

Posted by: さとこ | January 30, 2018 at 08:33 AM

◼さとこさん

>それだったらいけそうな感じですかね?

どうでしょう。何ともお答えできません…。
私の25mmのヤツで一応噛み合ってるんですが、
ネジを切ってあるのが浅い感じで…。

ボシュロムは開放でかなり滲むので、
とてもお気に入りのレンズです。

色々なレンズに目移りしますよね。
楽しいCマウントライフを~。

Posted by: しほたつ | January 30, 2018 at 10:37 AM

ああでもないこうでもない、と色々試してボシュロムがやっと自分が納得いく感じになりました!
先端に28.5mm カブセ式 Series V フィルターアダプターと Series Vのフィルターを装着して36mmのカブセ式フロントキャップでサイズが完璧にぴったりでした。
が、キャップのサイズがあまりにもピッタリなので外すときにカブセのフィルターアダプターがキャップに着いて一緒にすぽーんと抜けてしまいます。
なので、レンズ側の先端パーツのフード的なネジで外れる部分とフィルターアダプターをテープでガッチリ固定。
レンズ掃除の時などはそのテープによって一体化したフード的な先端部分とフィルター群とを一緒にはずすことにしました。
もっとまともな方法があるのかもしれないけれど、とりあえずはこれで行くことにします。
外に撮影に行くのが楽しみです。
アドバイス、ありがとうございました!

Posted by: さとこ | February 22, 2018 at 03:32 PM

◼さとこさん

納得のカスタマイズが出来ましたか~。
おめでとうございます。
大して何のアドバイスもしてませんが、
ニッチなやりとりができて楽しかったです。

また撮った写真公開されてるようでしたら、
よろしければリンク先とか教えて下さいませ。

ボシュロム26mmの開放が派手に滲むのは
デフォルトなのか、私のヤツだけなのかも
知りたかったりします。

Posted by: しほたつ | February 24, 2018 at 11:05 AM

なかなかシネレンズの話題はできないですから、楽しいお話ができてうれしいです。
撮ったものを特にどこかに上げているわけではないので、お見せ出来ないのが残念ですが、ボシュロム26mm解放でのにじみは物凄いです。
でも一段絞るとぐっとハンサムになる不思議レンズ。
すごく面白いなーと思います。
しほたつさんも、お散歩のときはこのレンズが多いですね!
もしどこかに撮ったものを上げたりしたらそのときはお知らせしますので見てやってください。

Posted by: さとこ | March 03, 2018 at 02:38 PM

◼さとこさん

開放で滲むのはデフォルトでしたか。
ふんわりとキリッの変化が面白いですよね。

どこかに写真をアップされる日を
楽しみに待ってます。
シネレンズ、更にボシュロム仲間って
隙間の隙間ですね~。

また気楽に遊びに来てやってくださいまし。

Posted by: しほしほたつ | March 06, 2018 at 07:39 AM

Post a comment