« 息子画伯【正月編】 | Main | トイレ看板に関する軽い考察 その29 »

January 02, 2015

息子画伯 その4

相変わらず文字を書くのが好きな我が子ですが、
最近、色々工夫するようになってきました。

石鹸と妖怪石鹸らしい。
Dsc_0714_r

クイズ形式。
Dsc_0710_r

あいうえお作文的な。
P1640515_r

文字、イラスト付。
P1640524_r

P1640525_r

どこで覚えたのか、おもむろに書かれるとびっくりします。
P1640526_r

ハナミズキ、らしい。
Dsc_0665_r

私のDVD棚からソフトを持ち出し、
パッケージの文字を書いていました。
Dsc_1339_r
新TV見仏記5 福井・小浜編です。

何やら文字が散乱していますが、
「正しくのぼってね。こうたつより。」と書いたそうです。
Dsc_0712_r
それが何を意味するのか、よくわかりません。
私に似て、妄想癖があるのかもしれません。

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28740/60890401

Listed below are links to weblogs that reference 息子画伯 その4:

Comments

すでに私より難しい感じを書けてます、、、、
まあ私が酷すぎるのですが・・・。

Posted by: ゆきを | January 02, 2015 at 10:38 PM

■ゆきをさん

林檎や石鹸が幼児向けの漢字カードに
入ってたので、びっくりしました。

パソコンに馴れると、何でも変換してくれるし、
何でも検索すれば教えてくれるしで、
すっかり頼りきった生活になってしまいますが、
それで増えた知識もあり、失った能力もあり…。

Posted by: しほたつ | January 04, 2015 at 10:58 PM

石鹸の「鹸」の字がパソコン表記の略字ではなく、
正字(鹼)で覚えたのですね。
幼児向けの漢字カードは正字で入っているんですね。

今後、現代表記(略字)と正字の間で悩む日々が
来るのではないかと心配していますが杞憂でしょうか。

そうそう、ゆきをさんの感じをスルーしてあげるところが
しほたつさんの優しさかと思いました。
確かに「鹼」の正字は難しい感じがしますけれども。

Posted by: まんぞヲ | January 05, 2015 at 06:12 PM

■まんぞヲさん

確かに石鹸の一番ややこしい字って、
左側も怒って血管が浮き出たみたいでしたね。

そう云えば、確か今から二、三十年前に
漢字を簡略化する云々のニュースの中で
「集」と云う字を「人」の股の所に
「、」にしようかって案があって、
「これはやりすぎだろう。」と思った記憶がありました。
今回調べてみたら「亼」と云う字があって、
「あつまる」なんだそうですね。へー。

そうそう、もっと子供の頃、親から
「桜と云う字は『にかいのおんながきにかかる。』だ。」
と教えられて、何の事かわからなかった事を思い出しました。

Posted by: しほたつ | January 06, 2015 at 02:40 AM

Post a comment