« 我が子のチューリップ。 | トップページ | 咲イタ、咲イタ。 »

2015/03/21

工業用PENTAX


Cマウントは昔の16mmフィルム用の規格ですが、
今でも工業用や監視カメラ用として生き残っています。
Cマウントのシネレンズが高騰しているので、
貧乏人にとってはこの辺りが狙い目です(笑)。

P1680144_r
PENTAX Q7+PENTAX 25mm F1.8(品番B2518)
これでも正真正銘の純正ペンタックスの組み合わせです。

で、B2518はその中でもひときわ安い。
その理由は至って簡単、
マイクロフォーサーズ機に付けられないから。

レンズの鏡胴の口径が太すぎて
フランジバックの関係で凹んでいるアダプタと
干渉してしまうのです。

PENTAX Qシリーズ専用と割り切って買いましたが、
微かな望みを抱いて、
マイクロフォーサーズ用アダプタで試してみました。

私の手持ちのマウントアダプタ三種類とも駄目でした。
ちょっと削ればいけそうな気がしないでもありませんが、
削る技術がありません。

全くネジが届かない訳ではないので、
無限遠を諦めれば使えない事もなさそうです。
ま、それはまたおいおい試してみるとして、
まずは純正ペンタックスコンビでの朝歩きを。

工業用レンズでどんな画が撮れるのか、
工業用レンズに味わいはあるのか、
工業用レンズは工業用羊の夢を見るのか。

乞うご期待。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 工業用PENTAX:

コメント

コメントを書く