« 大分の夜 | Main | 巻かれていないの巻 »

December 16, 2016

適正な大きさとは。


実際にこう云う言葉で
心が救われたりする人もいるのかな。
個人的には"エエこと云うた"感が苦手で、
飲食店などの壁やトイレで見るにつけ
逆に気になって写真を撮ってしまう。

こないだ見掛けたコレは過去最大級。
壁一面にドカンと。
こう云うモンは小さめの額で
ヒッソリと飾るもんだと思ってた(笑)。
こんだけデカいと押し売りみたいで
何だかいつも以上に違和感を覚えます。

逆にこれを見て、
「俺は磨けば光る珠なんだ。」
と思い込める人が羨ましい。

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28740/64630811

Listed below are links to weblogs that reference 適正な大きさとは。:

Comments

よいにんげんとは思えない自分は、脅迫されているような気分になります。

Posted by: ゆきを | December 16, 2016 at 01:27 PM

◼ゆきをさん

座った席が悪く、
これを見ながら食事をしました。
壁に説教されているような感じでした。
物理的な大きさって大事だと思います。


Posted by: しほたつ | December 18, 2016 at 05:23 AM

Post a comment