« January 2017 | Main | March 2017 »

15 posts from February 2017

February 25, 2017

山口旅行二日目

旅行二日目は秋芳洞を予定していましたが、
怖がりの我が子が洞窟を嫌がりそうな雰囲気だったので、
急遽、秋吉台サファリランドに目的地を変更しました。
R0028948_r

親子三人の入園料と餌やりバス乗車料で一万円弱。
秋芳洞よりも高くつきました。

子供は朝からハイテンション。
R0028946_r2

餌やりバスがやってきた。やあやあやあ。
R0028949_r2

動物は近寄ってくるのだろうか、と心配していたが、
「餌をくれるバス」と条件付けがされてるので、
どんどん近づいてくる。
R0028956_r

餌をやる側よりも向こうの方が慣れてる(笑)。
R0028976_r

らくだの睫毛もよく見えます。
R0028986_r


いよいよ、肉食獣のエリアへ。

ほんとにほんとにほんとにほんとにライオンだ。
R0029039_r

虎の方が身軽です。
R0029116_r

目が合う。
R0029118_r
一枚のガラスに全幅の信頼を置いている瞬間。


バスを降りて、動物ふれあい広場へ。
ここは普通の動物園みたいな感じです。
R0029154_r2

R0029189_r

カンガルーが殴り合い。
R0029145_r

キリンの出勤。
R0029214_r


バスで一巡した後、マイカーでも回るのもOK。
この日は秋芳洞に行くつもりだったので、
レンズは24-72mmズームとズマールしか持ってきてない。
GXR MOUNT A12でズマールを使った方が換算76mmになるので、
ほんの僅かに望遠寄り(笑)。
ピント合わせはマニュアルになるけど、絞れば何とかなるでしょう。

車の窓ガラスを綺麗に拭いておけばよかった…。
R0029270_r

ライオンがうじゃうじゃ。
R0029288_r

餌やりバスを外から見た図。
R0029297_r

また虎と目が合う。
R0029306_r
ズマールに逆光は厳しいですね。


最後はキッズサファリのコーナーへ。
ここは子供向けの遊具があったり、
小動物を間近で見たり、触ったりできるエリアでした。

目つきの鋭いフクロウがいました。
R0029340_r

リスざる、可愛すぎ。
R0029370_r

おそるおそるモルモットを膝の上に乗せる。
R0029359_r2

モルモットの侵入に焦る。
R0029377_r2

カエルとジャンプ比べ。
R0029399_r2

子供には鍾乳洞よりも、サファリの方がよかったみたいです。


お昼はネットで検索して評判の良さそうな店へ。
順番待ちの人気店のようでした。

おすすめのから揚げ定食をいただく。
Dsc_6384_2
カラッと揚がっているのですが、
いささか塩分が高い…。
ボリュームの店だったか…。


帰りに於福のおほげつに立ち寄り、
生外郎を買って帰りました。
ほとんどの商品が売り切れ寸前でした。
朝、サファリランドから取り置きをお願いしておいてよかった。
我慢できず、帰りの車の中で一本づつ食べました。
絶品ですね、ここの生外郎は。


と云う事で、山口旅行は無事終了しました。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 24, 2017

山口旅行一日目

先週末、山口に行ってきました。
急に決めた旅行でしたが、天候にも恵まれ、
楽しい時間を過ごすことができました。

最初の目的地は海響館。
R0028527_r

五年前に一度行った事はあるのですが、
我が子はまだ一歳半だったので、何も覚えてません。
ほぼ初めての水族館に大はしゃぎでした。
R0028566_r_2

イルカが出産後で育児中と云う事で
ショーはおとなしめの内容になっていましたが、
それでも十分楽しめました。
R0028722_r

他もイヴェントがほぼ30分刻みで目白押しなので、
あっち行ったりこっち行ったり、大忙し。
R0028740_r

R0028778_r

中でもバックヤード見学ツアーは
普段は入れないスタッフオンリーの扉の裏側を
解説付きで見て回れる企画。
R0028831_r

しかもウミガメやネコザメにも触れました。
R0028850_r2

あれよあれよと云う間にお昼を過ぎてしまいました。
どこか魚の美味しいお店でも行こうと思ってたら、
我が子が水族館併設の
「いるかの見えるレストランに行きたい。」
と云い出す。
この手の店は業務用食材のオンパレードなので、
気が向かなかったけど、我が子の押しに折れる。
しかし、野菜のドレッシングがおいしい。
魚フライも普通においしい。
いい意味で裏切られました。
子供カレーはこんな感じ。
R0028892_r

食後は水族館内のオープンラボで行われていた
水産大学校の学生さんによるウニの受精実験を見学。
ウニの雄と雌を見分けて、卵と精子を取り出し、
受精させる瞬間を顕微鏡で観察すると云うモノ。
とても面白かった。

水族館のすぐ隣には「はい!からっと横丁」と云う
アミューズメントパークがありました。
移動遊園地みたいなこじんまりとした施設でした。
怖がりの我が子は派手なアトラクションを回避し、
迷路とメリーゴーランドを楽しんでいました。

この日の宿泊は湯田温泉のユウベルホテル松政。
源泉かけ流し100%のいいお湯でした。
食事はちょっと味の濃い料理もありましたが、
フグ刺しもついて十分な内容でした。
食事会場の接客も丁寧でとても寛げました。

子供用の浴衣を着せたら、
「真田丸。」
だってさ。
一回も観てないのに(笑)。
R0028934_r2

二日目に続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2017

佐藤さとる

作家の佐藤さとるさんが亡くなられました。

子供の頃、大好きでした。
幼稚園の時、父親に買って貰ったのが
「おおきなきがほしい」でした。
ウィキペディアで調べると、
初版が1971年1月なので、
出たばっかりで本屋に並んでたのを
買って帰ってきたのではないかと。
何度も何度も読み返しました。

小学生になったら、
自分で本を選んで買って貰えるようになり、
その時に出会ったのがコロボックルでした。
最初の四作品は何度も何度も何度も何度も
読み返していました。
テレビまんがになった時は
あまりの雰囲気の違いにがっかりし、
自分の思い描く世界観が壊れるがいやで
すぐに観るのをやめました。
やっぱり佐藤さとるの文章には
村上つとむの挿絵が一番です。
ウィキペディアで調べると、
「だれも知らない小さな国」と
「豆つぶほどの小さないぬ」の初版は
村上つとむの絵じゃなかったとか。

ご冥福をお祈りします。

1487361380264.jpg

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 17, 2017

宮崎空港のトイレ看板 その2

1487320946872.jpg

1487320950553.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (0)

我が子のお下がり。

我が子のお下がり。
哺乳瓶カバーのサイズがちょうどいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2017

電線に、

電線に、
ムクドリが大量に止まってた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

渡らないんだ。

渡らないんだ。
語呂の悪さも気になりますが、
誰に向けて、何が云いたいのか、
さっぱり分かりません。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

どこかで見たような…。

どこかで見たような…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

九州限定いろはす

九州限定いろはす
厳選果実ですが、当然、無果汁です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

コツコツ発掘。

コツコツ発掘。
飽きずに続けているマインクラフト。
今は海底神殿の発掘中です。
神殿内の水抜きは完了。
スポンジを25個ゲットできたので、
今度は神殿本体の水抜きに取り掛かりました。

スポンジの威力は絶大で
砂と梯子の水抜きとは比べ物になりません。

しかし、単純作業なので、飽きる(笑)。
毎日、数区切りづつ、コツコツ、チマチマ、
飽きたらやめて、一ヶ月で、やっとここまで。

建物の高床の下の水抜きは
砂と梯子の旧方式で、
ガーディアンと戦いながらやってますが、
こっちの方が面白いんですよね。

やっぱりゲームは苦労してナンボですわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2017

Miso soup cup

Miso soup cup
こんなのがあるんですね。
福岡のハンバーグの店にて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

息子画伯 その9

幼稚園の放課後の絵画教室で
年末年始に作った作品を
持って帰ってきました。

クリスマス。
1486941179293.jpg

鏡餅。
1486941181022.jpg

今回の私のお気に入り。
1486941182313.jpg
さとうさとるの「大きな木がほしい」っぽい。
営業時間が謎です。

立体造形はひょっとこ。
1486941183502.jpg
完成度がかなり高いので、
先生の指導がかなり入ってそう。

我が子に訊いてみると、
絵画教室は大好きだそうです。
楽しんでるようで良かった。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

全面広告

割と交通量の多い道なので、
沢山の人にインパクトを与えてる筈。
1486933333852.jpg

店をオープンさせた時、看板屋を呼んで、
「いいから壁に直に書いてくんな。」
って感じだったと思うのです。

で、しばらくして定食を始めた時、
「頼むのも面倒だ。
これくらいなら。俺でも書けるな。」
って事になったんでしょう。

レタリングの差がそんな想像を掻き立て、
更に印象を深めている気がします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 06, 2017

永野

永野

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最後の音楽会

最後の音楽会
昨日は我が子の幼稚園最後の音楽会でした。

先週の火曜日にインフルエンザを発病し、
参加が危ぶまれていましたが、
何とかギリギリで間に合いました。
先生達はかなり心配してた様です。

我が子からは小太鼓と訊いてたけど、
年長全体の合奏のラデツキー行進曲で
たった一人のパートだったとは。

無事役割を果たせて良かった良かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)