« May 2017 | Main | July 2017 »

13 posts from June 2017

June 30, 2017

通勤時間の今日の一枚

通勤時間の今日の一枚
朝から緊張感の高い音楽を聴いてます。
マーシャルソラルの、と云って良いのか、
「Works for piano and two pianos」って一枚。
クラシックのレーベルから出ていて、
弾いているのは Eric Ferrand-N'Kaouaって人で、
他にはリストやストラヴィンスキーなどの
作品を録音している様です。

全て譜面に書かれた作品なのか、
アドリブパートがあるのか、
その辺りはよくわかりませんが、
純粋にクラシック畑の人だったなら、
ここまで即興できるとも考えにくいので、
ソラルのペンによるものと推測しています。

「ジャズ練習曲」は正にソラルの音の厳しさが
パンパンに詰まった作品です。
一般的なジャズっぽさ希薄で
全編ソラル節です。

やっぱり天才だわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2017

スプライトは変わらない。

スプライト、と云っても炭酸飲料ではなく、
ゲームの話です。

最近、我が家のメインのテレビでは
ドリームキャストの稼働率が上がってて、
レトロゲームでも最新ゲームでもない
微妙な辺りのソフトをプレイしています。

それで思うことは、ポリゴンモノの劣化と
スプライトモノの手堅さですかね。

当時、各社から出てた話題作の多くが
最新のポリゴンを駆使して作られていたけど、
現在の技術と比べたら、雲泥の差があり、
今見たらかなり見劣りします。

一方、スプライトは今とのギャップが少ない。
なにしろドリームキャストのスプライト機能は
当時最強と云われてたくらいですから。

って事で、ナムコのミスタードリラーを
我が子にやらせてみたら、大盛り上がり。
1498328891921.jpg
シンプルに作り込まれたゲームはやっぱ強い。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2017

昔の音楽シーン。

今、トイレのマガジンラックには
昔のスイングジャーナルを置いてます。
1498307623549.jpg

かなり前に古本屋で買ってたのを
引っ越しの荷づくり荷ほどきで発見。
1960年代中盤から後半のモノが
数冊ある程度ですけど、
読んでみると当時の日本のジャズ文化が
垣間見えてなかなか面白い。

例えば、1967年の2月号。
1498307626519.jpg
表紙は若い頃のカーメンマクレエです。

中でもおもしろかったのはこれかな。
1498307627871.jpg
二大テナーのコルトレーンとロリンズの対決。
錚々たるメンバーによる座談会です。

コルトレーンの「神の園」って
アセンションの事なのね。
1498326499409.jpg
精神世界や思想などと結びつけた賛成派と
音が汚いとバッサリ切り捨てる反対派が
議論を戦わせております。

一方、ロリンズの最新作として挙がっているのが
映画「アルフィ」の音楽を担当したアルバム。
1498307630435.jpg
ロリンズはモヒカンにしてた頃なんですね。
よく見ると、ジャケットが今と違います。
今、一般的なのはコレですよね。
1498307635115.jpg
イナタいアルフィのテーマには
ジジイのぼやきのようなロリンズ節が合う。
映画自体は女ったらしの主人公が
やたらカメラ目線で語り掛けてくる
筋金入りの軟派男の物語なので、
音楽に込められた思想なんてものは
深読みしようがありません(笑)。
1498307636218.jpg

全然タイプの違う二人を比べても、
どうしようもないと思うんだけど、
今も昔もこの手の対決は王道だったのね。


| | Comments (5) | TrackBack (0)

June 18, 2017

我が子からの問いかけ。

我が子からの問いかけ。
休日出張で夜の移動をしているところに
嫁さんから子供の絵と文の画像が送られてきた。

二行目が「たいせつか」と
問いかけになっているところに
ハッとさせられました。

実は昨日、今日とプレステ3で
「Heavy Rain」ってゲームをやってて、
「命の重さは全て同じと云うけれど、
自分にとっての命の重さは違う。」
って考えさせられたところだったので、
ちょっとびっくりしました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ひと月遅れの、

ひと月遅れで結婚記念日の外食。
会社の人に訊いた近所の焼肉屋にて。
歩いていけるのでお酒も呑めるのは大きい。

上ロースからホルモンまで近江牛。
さすが滋賀県です。
1497776318650.jpg

上タンは土曜日にはないらしく、
こちらはねぎ塩タン。
1497776320669.jpg

この歳になると、
霜降りの脂は最初の一口で充分です。
後半は赤身中心にいただきました。

キムチ盛り合わせも美味しかったです。
1497776322366.jpg
適切な辛味と旨味でした。

店の人の応対も感じがよくて、
幸せ度の高いひとときを過ごさせていただきました。

お店の名前は天晴(あっぱれ)です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 15, 2017

通勤時間の今日の一枚

通勤時間の今日の一枚
マツーエフとゲルギエフ&マリインスキーによる
ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第一番と第二番。

第二番の第一楽章が
ディズニーのファンタジア2000で
鉛の兵隊の物語に使われていたので、
子供に聴かせるために買ったのだけど、
音楽だけだとちょっと難しかったようで
ショスタコへの誘導は失敗に終わった(笑)。

第一番は全体としてシリアスな中に、
諧謔味が潜んでます。かなりケッタイ。
色んな曲のパロディがちらつきます。
熱情ソナタっぽいフレーズも。
なかなか聴き応えのある曲です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CDを聴く機械。

15年使ったONKYOの安物コンポが
引っ越し直前に壊れたので、
CDの聴ける機械を買う事にしました。

引き続きONKYO製品でCR-N765っての。
1497497061215.jpg
アンプ内蔵でラジオも聴けるので
ミニコンポみたいなものですが、
今はそう呼ばないらしい。
ネットワークCDレシーバーだってさ。
おそらくネットワーク上でCDやら何やらを
レシーブしたりしなかったりで、
ハイレゾな感じにしてくれるんでしょう。

スピーカーは手元にあるので、
本体のみを買ったんですが、
お値段は三万円ちょい。
私が中学生の頃に買ってもらった
ラジカセ並のお値段です。

音の評価は差し控えます。
なにぶん部屋が荷物で溢れかえってて、
まともな場所にスピーカーを置けてないので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2017

高知で餃子。

高知で餃子。
いまどき安兵衛ってお店で
餃子を食べました。
コレハウマヒ。
今まで食べたどの餃子ともちょと違う。
薄皮のパリパリ感は古潭の湯葉巻き揚げに近く、
噛むと中の餡がホロホロ崩れます。
王将の餃子を100としたら、別物です。
また行きたいなぁ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

8年ぶりのSAI


今から8年前にダウンロード購入したグラフィックソフトのSAI。
前のパソコンがクラッシュしてから、インストールもしないまま忘れてました。
我が子が絵に興味を持ってきたので、急にこのソフトの事を思い出しました。
しかし、私の事ですから、シリアルナンバーなんて当然紛失してますよ(笑)。
この会社のウェブサイトを当たってみたら、再交付してくれるとの事。
サポートのキチンとしたメーカーで良かった~。

やっぱり使いやすくて気持ちのいいソフトです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2017

最寄りの洋食店でランチ。

会社の人に教えてもらった近所の店。
創作系のフレンチ、かな?

お店の雰囲気は女性好みだけど、
料理盛りは若い男性でも満足できる量。
1497309280960.jpg

1497309287802.jpg

1497309292515.jpg

美味しかったです。
また行こう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2017

5杯まで。

5杯まで。
5時半からやってる店なんですが、
一時間半で5杯って、充分な気がする。
太っ腹だなぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2017

久々の送信。

久々の送信。
iTunesを使い始めた頃には
CDDBに登録されていないCDも結構あったので、
情報を送信する事も時々ありましたが、
ここ最近はどんなCDでも大丈夫でした。
ま、世界中で情報を補完してるのだから、
当然と云えば当然なんでしょうけど、
久々に出ましたよ、未登録のCDが。
リッキーフォードの1986年のアルバム。
曲によってはチューバも入って、
面白いアンサンブルが聴けます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2017

故障。

故障。
故障して、大慌てで書いたのかと思ったら、
鉛筆で下書きをしてます。

下書きと清書の違いがあんまりないのが味。

| | Comments (0) | TrackBack (0)