« June 2017 | Main | August 2017 »

20 posts from July 2017

July 31, 2017

父子で出掛ける。

父子で出掛ける。
家族で出掛けるのも楽しいけど、
我が子と二人、男同志で出掛けるのも、
自分の中ではとても感慨深いです。

私自身、アウトドア派ではないので、
行き先は専ら水族館や科学館や音楽会等ですが、
子供の興味を持ちようが
年齢と共に変わってきてて面白い。

自分の小学生の頃の記憶を辿ってみると、
そんなに頻繁ではないけど、
父親と出掛けた事があったと思います。

今でも鮮明に覚えてるのは、
ポートアイランドに車で渡った事。
まだ埋め立てただけで何もない頃です。
海の上に人工の島を作られている事、
それが見渡す限り広大な空き地だった事、
橋がとてつもなく長く感じた事など、
単に行って帰っただけなのに、
小学生の私にはとても印象的な光景でした。

我が子にもそんな事が一つでも二つでも
残ればいいなと思います。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 29, 2017

休日出勤時間の今日の一枚。

休日出勤時間の今日の一枚。
荘村清志の二枚組ベスト。
武満徹の「ギターのための十二の歌」を聴きたくて、
荘村清志のアルバムを探してみたのだけど、
全曲を録音してるのが見つからず、
不本意ながらベスト盤を買いました。

この曲はまず荘村清志で聴くべきかと。

個人的にギターを弾く訳でもないのに、
昔、NHK教育テレビでやってた
ギター教室の番組を夢中になって観てた。
荘村清志の十弦ギターの演奏が聴けたから。
その頃の彼はフッサフッサの長髪で
骨太の岸田智史って感じの外見でした。

このアルバムは有名曲も一杯入ってて
聴きどころは人それぞれだと思いますが、
やっぱり武満が荘村のために編曲した
Beatlesナンバーは素晴らしすぎ。
元のBeatlesを100としたら
武満のアレンジと荘村のプレイで
至福の時間が過ごせることうけ合い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2017

ニューヨークシンフォニックアンサンブル in びわこホール

先週末、びわこホールで
ニューヨークシンフォニックアンサンブル
(以下NYSE)のコンサートに行ってきました。
小中学生の親子を対象とした無料のイヴェントの
抽選に当たったんですね。
龍谷大学のブラバンとのコラボ。

冒頭の龍谷大学の大所帯のブラバンの
溌剌とした演奏の後に
割と小編成のNYSEの繊細な音が続くと、
耳を切り替える必要がありました。
周りの子供達の様子を見ると、
ハンバーグの後に煮こごりが出てきたみたいに
明らかにテンションが下がってました。
我が子は第一部の間、ずっと寝てました(笑)。

親子向けにしてはちょっと選曲が
渋かったかもなぁ。

最後に龍谷大学とNYSEの合同演奏で
ホルストのジュピターと威風堂々。
禁欲的なプログラムだったので、
この二曲は大いに盛り上がりました。

おそらくターゲットは中学生だったのでしょう。
小学一年生にはレベルが高かったかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ワンアンドオンリーなカレー

ワンアンドオンリーなカレー
いやー、独特のカレーです。
大阪のコロンビアエイト。
初めての人にお薦めの
キーマと野菜のミックスをいただきました。
スパイスで押してくるカレー。
過剰な旨味はあえて付けてない感じ。
癖になるの、わかります。

初めての人は食べられない激辛の
花火ってメニューもあるけど、
私にはこの辛さが適度でした。

今度はキーマかほうれん草のキーマを食べよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 21, 2017

静岡旅行三日目。

二泊めは伊豆三津浜の松濤館って宿に泊まりました。
部屋も食事もとても贅沢でした。
料理はどのメニューもとても凝っていたので
大人には満足度は高かったのですが
小学一年生にはちょっと難しかったようです。

って事で三日目の朝。
我が子と朝の散歩に出かけました。
R0040656_r

R0040666_r

R0040690_r

神社があったのでお参り。
R0040704_r

R0040699_r

R0040706_r

釣りをする地元の少年。
R0040721_r

宿のロビーからうっすらと富士山が見えました。
R0040737_r
この後、朝の露天風呂に入った時が一番はっきり見えました。
とは云っても、空気遠近法な感じでしたが。


この日のメインは伊豆三津シーパラダイス。
歴史のある施設なので、建物は古いけど、
展示もショーも充実してて、
何より子供が楽しめる内容になっていました。
R0040752_r2

R0040793_r2

R0040796_r

R0040863_r

R0040876_r

イルカのショーは一味違いました。
R0040935_r

夏限定のずぶ濡れ企画(笑)。
R0040969_r
帰りの服がびしょびしょになってしまい、
結局、我が子はパジャマ代わりのスウェットで
新幹線に乗って帰る羽目になりました。

ま、そんなことはどうでもいいこと。

彼にとって、夏のいい思い出になってくれれば、
それでよし。
R0041015_r2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

通勤時間の今日の一枚。

通勤時間の今日の一枚。
サヒブシハブのAND ALL THOSE CATS。
とにもかくにもコテコテの作品。
必聴の一枚ではないけど、
こう云うのを何枚知ってるかが
肝なのかもしれないなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

通勤時間の今日の一枚。

通勤時間の今日の一枚。
ウェインショーターの Schizophrenia。
タイトルとジャケットからして、
尖った演奏が飛び出して来そうだけど、
意外と聴きやすいアルバム。
作品の流れから見ると、
数年後戻りした感じがする。
テナー、アルト、トロンボーンの三管は
意外と珍しい取り合わせではなかろうか。
トランペットを入れなかったのは
これまでのモーガン等とのサウンドと
一線画す意味もあったのかもね。

ゴリゴリの演奏も楽しめるし、
彼らしい幽玄のバラッドも堪能できて、
かなりお薦めのアルバム何だけど、
他の先鋭的な作品と比べると、
取り上げられる事は少ないかも。
"GO"と"MIYAKO"は絶品だと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2017

静岡旅行二日目。

沼津リバーサイドホテルで迎えた二日目。
誰も知らない夜明けが明けたとき、
町の角から素敵なバスが出てました。
R0040271_r
これだけのために、バスが橋を渡るのを待ってた自分。

二日目は伊豆シャボテン動物公園。
R0040274_r

朝の空いているうちにボートに乗りました。
R0040278_r_2

R0040312_r

R0040317_r

R0040321_r

R0040329_r
ボートで案内してくれたスタッフのしゃべり口調が
落語家っぽかったので、なかなか面白かったです。


とにかく動物との距離が近い。
R0040350_r

R0040356_r

R0040363_r2

R0040484_r

R0040560_r2

R0040571_r

R0040573_r


もう一つの主役はシャボテン。
不思議な形のサボテンがたくさんありました。
R0040395_r_2

R0040410_r

R0040439_r

R0040441_r

R0040448_r

R0040465_r

環境に合わせて進化したんだろうけど、
不思議で仕方がない。


とにかく広くて、炎天下でさえなければ、
あと一、ニ時間は見て回れた気がします。


\さ、あと一日です。/
R0040591_r


| | Comments (4) | TrackBack (0)

静岡旅行一日目。

7月の三連休で静岡に旅行に行ってきました。
とは云っても、子供中心の組み立てなので、
水族館や動物園ばっか。

初日は沼津深海魚水族館。
R0029987_r
そんなに大きくない。

三連休と云う事もあってか、人は沢山いました。
ま、混雑してたのは入り口周辺だけで
その後は普通に観ることができました。

R0039997_r
フラッシュを焚かなければ写真はOK。
レンズはXR RIKENON 55mm F1.2を使いました。
そこそこのスピードでシャッターが切れます。

カエルアンコウ。
R0040004_r

シーラカンスは冷凍なのね。
生きてるのが見られると思ってました。
R0040030_r

この写真はGXRのS10ユニットを使って広角で。
R0040153_r

ダイオウグソクムシ。
R0040060_r

こんな方向からオウムガイ。
R0040066_r

イガグリガニ。
R0040101_r

R0040136_r

R0040137_r

ヌタウナギ。
R0040139_r

タカアシガニ前でWE INSISTな我が子。
R0040146_r2

普通の水族館と比べるとこじんまりとはしていますが、
面白い魚が多いので、見ごたえありました。
やるせなすの石井ちゃんの解説も見られました。


水族館は沼津港の観光向けの市場内にありますので、
一歩外に出ると雰囲気がガラリと変わります。
R0040211_r

適当にお店に入って、海鮮丼を食べました。
お腹が空きすぎて、写真を忘れました。
こんな時、あれこれ食べられてお得感があるので
ついつい海鮮丼を食べてしまいますが、
口の中でごちゃまぜになって、
何の魚を食ってるのか分からなくなってしまう。
考えモノです。


その後は近くの海岸で波と戯れました。
R0040250_r


この日の宿泊は沼津リバーサイドホテルでした。
ホテルはリバーサイドでした。川沿いリバーサイドでした。
うぉっぅうぉっぅうぉリバーサイドでした。

失礼ながら、この日の食事はあんまり期待してなかったのですが、
夜のビュッフェはなかなかのクォリティで満足しました。
ビュッフェスタイルなんですが、メインとサブの料理が別にあって、
それぞれ肉と魚から選べました。
私は魚とエビにしました。写真はエビだけ。
またも腹ペコだったんです。
Dsc_7037

ホテルの人も愛想がよくて、いい距離感で話しかけてくれました。
なんでもラブライブサンシャインなるアニメの舞台が沼津らしく、
そのイヴェントや聖地巡礼で来る人が増えているとか。

特に興味はなかったけど、シールを貰いました。
R0040267_r
このキャラがこのホテルの近くのマンションに住んでいるらしく(設定)、
7月13日が誕生日だったそうです(設定)。

って事で初日はおしまい。
\二日目に続くよ。/
R0040031_r_2


| | Comments (5) | TrackBack (0)

July 19, 2017

息子画伯、味のある画風に。

息子画伯、味のある画風に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2017

通勤時間の今日の一枚

通勤時間の今日の一枚
ジョルジュアルバニタが4度重ねと
ペンタトニックな感じに盲信していた頃のアルバム。
内部奏法なんかも盛り込んで
新しいジャズを演ろうとしてるのが
熱く伝わってきます。

個人的にはこの後のモードに飽きた頃の
CARREREのLP二枚組のトリオアルバムが
一番個性的で面白いと感じます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

通勤時間の今日の一枚

通勤時間の今日の一枚
私がレイアンダーソンに求めるのは
聴いてて笑けてくるような
いなたいハッピーフィーリングです。

個人的には彼のユルいヴォーカルが好きなので、
アリゲータリーなアルバムがツボなんですけど、
次に好きなのがワウミュートだったりするので、
このアルバムは全面的に楽しめるのです。
一般的なジャズが好きな人には
カケラもお薦めしません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

通勤時間の今日の一枚

通勤時間の今日の一枚
フランスの作曲家、サマズイユのピアノ作品集。
いろんな演奏を聴き比べた訳ではないけど、
弾きすぎないピアノがいい気がします。
ラヴェルよりも少し後の世代なので
調性についてはもう少し曖昧なところまで
踏み込む感じはしているものの、
主題はエモーショナルな旋律を立てていて
決して聴きにくくないところが
魅力なんじゃないかな。
個人的にはもう少し厳しい音が好きかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ストラスアイラ、ストラスアイラ。

七年以上ぶりの名古屋のBARNS。
更にバックバーが充実してたきがします。
ボトラーズのストラスアイラを
2ついただきました。
高いので、ハーフと1/3づつ(笑)。
こう云う対応をしてくれるのが、
このバーの素晴らしいところ。

1499978758843.jpg

1499978760275.jpg

熟成年数通りの味と香りの差。
でも、それぞれに違ったバランスがあって、
ぼんやりイメージを感じつつ、
じっくり呑んでるのが、楽しい。


お店を出ると、大雨。
ずぶ濡れになって、ホテルに入りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2017

ナナちゃん、久しぶり。

ナナちゃん、久しぶり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2017

京都水族館

週末、京都水族館に行って来ました。
我が子は魚好きなので、夢中になってました。
三周しましたよ。
くたくたになりました。

1499727698310.jpg

1499727699795.jpg

1499727701917.jpg

1499727703716.jpg

1499727705046.jpg

1499727706744.jpg

1499727708177.jpg

1499727709942.jpg

RICOH GXR+XR RIKENON 55mm F1.2

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 10, 2017

通勤時間の今日の一枚

通勤時間の今日の一枚
オーネットコールマンとジェリアレンの
相性がバッチリ噛み合った作品。
サウンドミュージアムは二部作で
赤と青があるけど、どちらも凄い。
一般的にはフリージャズなんだろうけど、
個人的にオーネットコールマンは
とても聴きやすくて好き。
艶やかな音色でうねうねと吹くのも気持ちいいし、
ドシャメシャになって行っても、
何だかサウンド全体がアッパーなので、
眉間に皺を寄せることなく聴ける。

いつも厳しめのジェリアレンのピアノが
少し柔らかく感じられる。
胃がキリキリしない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2017

通勤時間の今日の一枚

通勤時間の今日の一枚
ケニーワーナーは好きなピアニストの一人。
厳しめの音選びで小難しい曲も多いけど、
タッチが明確で、リズムにもしっかり乗るので、
私は聴いてるとどんどん高揚しますね。

このひねくれたナルディスの
何とカッコいい事か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2017

最近の息子画伯

最近の息子画伯
古代生物の絵を描くのに夢中です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)


ルシアーナソウザのデュオってアルバム。
続編のデュオ2の方が人気があるかも。
内容よりもジャケットの差がでかい。
このアルバムの顔のアップは
かなりおばさんっぽさが出てるけど、
2の方はいい女感が出てる(笑)。
意外とそんなところで印象は変わるもんだ。

個人的に"Pra Dizer Adeus"の
もの悲しさをさらりと唄う雰囲気が
堪らなく好き。

で、この記事を書きながら、
ネットを調べていたら、
自分のウェブサイトに辿り着きました。
10年前に同じようなこと書いてやんの(笑)。
好みはあんまり変わってないんだなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)