« January 2018 | Main | March 2018 »

10 posts from February 2018

February 24, 2018

カメラとレンズと写真の話 その3

小さめのカメラを使ってることもあって、
レンズも比較的小ぶりでお値段も手ごろ。
また中古レンズもプレミア価格の物に手を出さなければ
そこそこ安価に遊ぶことができるかな。

誰にも訊かれてないけど、
手持ちの中で好きなレンズについて書きたいと思います。

■LUMIX G 20mm F1.7
R0042352_r_2
マイクロフォーサーズの代表的なレンズです。
子供を撮るためにカメラを買ったばかりの頃は
キットレンズの標準ズームと望遠レンズがあるのに、
わざわざ単焦点レンズを買う意味が分からなかった…。
でも、色んな本で薦めてたし、手頃な価格だったし、
何よりも薄くて持ち運びに便利そうだったので購入。
結果、大正解でした。
初心者の私は「どうやったら背景をぼかせるか。」すら
よくわかっていなかったので、
ぼかしにくいマイクロフォーサーズで、
適当に撮ってもボケ味を堪能できるこのレンズは
入門者に門戸をフルオープンさせてくれる神器でした。


■BAUSCH & LOMB 26mm F1.9 ANIMAR
R0042346_r_2
コンタクトレンズでおなじみのボシュロムのレンズ。
私はe-bayで$90で手に入れる事ができました。
私の持っている中では最も個性的なレンズの一つ。
開放ではものすごく滲みます。
ぐるぐるボケも発生します。
これらが上手く噛み合うと幻想的な写真が撮れます。
絞るとカッチリするので、使い分けも面白いです。
Cマウントの26㎜にしてはケラレもなく、使いやすい。


■LUMIX G LEICA DG MACRO ELMARIT 45mm F2.8
R0042360_r_2
とにかく頼りになる相棒の様なレンズ。
私の持っているレンズの中では一番高く、
購入価格は六万円くらいだったと思います。
長らく散歩には持ち出していませんが、
これで道端の草花を撮り始めると、
1メートル進むのに数分かかる様な事態に…。
今はブログに載せるブツ撮りには使う事が多いです。
マクロレンズとしてとても優秀な上に
ポートレイトレンズとしても素晴らしい。。
あまりにも優等生なので、可愛げはありませんが(笑)。


■S10 24-72mm F2.5-4.4
P1870814_r
RICOH GXR用のユニット式レンズ。
1/1.7型の1000万画素なので、一昔前のコンデジ並みで
もはやiphone10の画素数に劣ります。
でも、カメラは画素数ではない事は周知の事実。
私がこのレンズユニットに思い入れが深いのは
広角が苦手だった私が初めて楽しいと感じたのが
コレだったからです。
またステップズームの設定をオンにすると、
24、28、35、50、72㎜とキリのいい焦点距離で
段階的に切り替わるようになるので、
それぞれの画角を意識して撮る事ができます。
尚、専用のワイドコンバージョンレンズを使うと、
19mmまで広角になりますけど、個人的には24mmで十分。


■LEICA SUMMAR 50mm F2.0
R0042306_r
数年前、ズマールで谷崎潤一郎の倚松庵の
裸電球の廊下を撮った時の事を今も思い出します。
ライカって思い込みもあってか、
ファインダの中でピントが合った瞬間、
当時の雰囲気をそのまま捉えられた様な気がした…。
古い戦前のレンズな上に、前玉の材質が柔らかい為、
状態が悪い個体が多いそうです。
私のはe-bayで$259で買ったものですが、
ボディ全体に錆を削り落とした様な
細かい筋が入っているものの、レンズは妙に綺麗。
ひょっとしたら再研磨したのかもしれません。
ノンコーティングなので、日中はフードが必要。
贅沢をしてFIKUSを買いました。
フォルムが一気にいかつくなるけれど…。
最短撮影距離は1mもあり、本来は寄れないレンズですが、
ヘリコイド付きマウントアダプタを使う事で接写も可能。
こうなると、かなり最強。


■KODAK CINE EKTANON 38mm F2.5
R0042321_r
e-bayで$85で買ったものの、
届いたのはヘリコイドがガチガチで全く回らない品だった。
結局購入価格の倍近い修理代を支払いようやく使える状態に。
基本的にはPENTAX Qで使うレンズです。
Lumixで使う場合はExテレコンのSサイズなら、
ケラレなく使う事ができます。
接写も得意なので、道端の植物の様子を
生き生きと捉える事ができます。


■SUN TELEPHOTO 1 1/2inch F1.9
R0042331_r
ヤフオクで2410円で入手。
作りもしっかりしていて、順光では発色もいいです。
逆光だとフレアが盛大に出るので、諦めて楽しみましょう。
F値も1.9と控えめなので、開放でもそこそこ安定してます。
個人的にDマウントの38mmは楽しめるレンズが多いと思います。
PENTAX Q10で使うと209㎜相当、Q7だと175㎜相当なので
望遠レンズって位置づけになろうかと思いますが、
私の場合は望遠で撮っているって感覚はあんまりない。
遠くのモノを引き寄せて撮ると云うよりも
そこにあるモノを注視している感覚で使う事が多いです。
物理的にカメラもレンズも小さいって事が
気持ちの上で影響してるのかもしれません。


■ZUNOW ELMO 13mm F1.1
R0042338_r
ムック本で紹介されててどうしても欲しかったので、
ヤフオクでちょっと熱くなって、15800円で落としたものの、
F1.1に無理があるのか、開放ではかなり破綻します。
色乗りも変で、ネムい画になりがち。
「失敗したかな~。」と思いつつ、
散歩で撮った写真を後で見返してみると、
一部の写真で不思議なローファイ感が加わって
得も云われぬ雰囲気を醸し出していました。
Dマウントのレンズにはそんな毒っ気を求めてるかも。


■OLYMPUS BODY CAP LENS 9mm F8.0 Fisheye
R0042363_r
旅行などで、景色を魚眼で撮りたいと思う事が時々あります。
かと云って、わざわざそれだけの為に荷物を増やすのもなんだか…。
そんな時に最適なのが、このボディキャップレンズ魚眼。
デフォルメ具合は少し物足りないものの、
レンズキャップ程度の大きさで十分な役割を果たしてくれます。
カバンのポケットに忍ばせておくことができます。
オリンパスさん、よくぞ遊び心のあるレンズを作ってくれました。

■XR RIKENON 55mm F1.2
P1870804_r
最初に買ったマイクロフォーサーズの本に紹介されていて、
ずっと欲しかったレンズ。
オークションで熱くなり35980円を支払いましたが、
後悔はしていません。
手持ちのレンズの中で一番使用機会が多いのではないかと思います。
F1.2と云う大口径にも関わらず、比較的軽量だし、
開放では柔らかく、絞ってカッチリ撮る事ができます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2018

後妻?

後妻?
業務用の伸縮性に優れたキッチンペーパー。
何よりもネーミングが目を引きます。

メーカーの人に訊くと、この商品は
「おかみさん」から「若おかみ」になり、
すぐに「新 若おかみ」になって
今に至っているとか。

老舗旅館白雲閣は大旦那が亡くなった後、
おかみさんが一人で支えてきたが、
ようやく一人前になった若旦那と
若おかみに引き継がれる事になった。
しかし、病弱だった若おかみは
女中頭の民枝の陰湿ないびりによって
心も体も痩せ細っていき、
僅か数年で亡くなってしまう。
若旦那は失意の中で自暴自棄になっていたが、
彼を立ち直らせたのが、
新米女中の佐和子だった。
彼女の献身的な姿が大女将の目にとまり、
まだ一回忌も迎えないうちに異例の再婚、
佐和子が新若おかみの座についたのだった。
それを心よく思わないのは民枝である。
弱味を握っている板長の勝二や
息のかかった使用人連中を使って
執拗な嫌がらせをあの手この手で…。
原作は花登筺。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2018

うまくいかない散歩コース。

朝の八時過ぎから少し遅めの朝歩き。
風情を求めて葉山川方面へ向かいました。
鉄板のボシュロムの26mmで臨んだけど、
しっくりくる写真は一枚も撮れないまま、
川に着いちゃったよ。
1518460602898.jpg
季節柄、枯れ草の地味な装い(笑)。

ようやく味のある風景を見つける。
1518460605646.jpg
しかし、アングルに苦慮したのは
トンネル出口の左側に
貼りっぱなしの選挙ポスターがあったから。

結局、中山道に抜けました。
歴史のある街道はやっぱりいいですね。
1518460606726.jpg
開放ではシャッターが上限の1/4000を越え、
露出オーヴァーになってしまうので、
少し絞りました。

結局、開放のボシュロムらしい写真は
撮れませんでした。

朝歩きは再開したいものの
散歩コースには苦慮しそうです。
1518460607871.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 10, 2018

早朝、ゼルダ。

早朝、ゼルダ。
我が子のスイッチを借りて、
休みの日の早朝はゼルダ。

野山を駆けているだけで楽しい。
敵は強いが、頑張れば糸口が掴める
絶妙のバランスです。

まだ序盤を終えた辺りですが、
このまま終わって欲しくないと
思ったゲームはルーマニア以来かも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2018

カメラとレンズと写真の話 その2

昔のマニュアルレンズを使い始めなかったら、
写真の趣味はこんなに続かなかった気がします。

当時、カメラ歴数年の初心者には敷居が高かったけど、
マニュアルレンズのお蔭で写真の理屈が分かった。
絞りとシャッタースピードとISO感度の関係や
絞りと被写界深度の理屈などなど、
オートフォーカスではあまり意識していなかった事を
少しは考えながら撮る癖がつきました。

私なりにマニュアルレンズの面白さは色々ありますが、
一番単純な話でいくと、ピント合わせの気持ちよさでしょうか。
ピントリングを回す指先に神経を集中させて、
ファインダの中でじわじわと像を結ぶのを注視してると、
あんな事もこんな事も忘れて、無心になれます。
それにオートフォーカスよりも撮るモノに愛着が湧きます。

昔のレンズは良くも悪くもで個性的。
今のレンズほどカッチリと写らないモノも多いです。
逆光に弱かったり、収差がひどかったり、
特に開放で破綻する事も多いのが逆に面白いです。

これが画像補正をやめた理由の一つ。
せっかくレンズをとっかえひっかえして
微妙な差を楽しんでると云うのに
それを弄ってしまっては意味がないなぁ、と。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2018

太麺皿うどん大盛

太麺皿うどん大盛
少し前の東京出張の夜、
本場長崎ちゃんぽんの看板につられ、
飛び込みで適当に入ったお店には
太麺皿うどんがメニューにありました。
喜んで頼んだら、餡かけタイプだった…。

何も考えず大盛にしてしまったんだけど、
元々盛りのいい店だったらしく、
ほとんど次郎系状態(笑)。

味の方はかなり物足りない薄味で
後半にちょうどよくなってくる感じ。
いや、後半でも少し物足りないから、
ソースを掛けて補う感じかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

基本、万歳。

基本、万歳。
最寄駅で普通のラーメンのお店を
会社の後輩に教えて貰いました。
美味しかったです。

やっぱり基本があっての応用。
街なかのラーメン店は応用だらけなので、
基本の店が近所にあるのはうれしい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 02, 2018

ロデヴ


黄檗の美味しいパン屋を教えてもらいました。
ロデヴと云うハード系のパンを買いました。
存在感ありすぎ(笑)。
フランダースの犬に出てきそう。

酸味が強めに感じました。
噛めば噛むほどうまいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

豚肉三連荘

期せずして、豚肉料理が三食続きました。

一日目、昼。
大阪の本町でトンテキ。
1517521527737.jpg
三重県のソース系トンテキの流れです。

一日目、夜。
広島でフランス料理。
1517521529082.jpg
白インゲン豆のソース。
抜群に美味しかったです。

二日目、昼。
広島でトンカツ。
1517521529926.jpg
じっくり揚げてるんでしょう、
出てくるのにかなり時間がかかってた。
その分、分厚いのに中まで熱が入り、
衣も頃よい色あい。

どの店も良かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2018

カメラとレンズと写真の話 その1

最近、instagramに載せるために
これまで撮った写真を見返してるんですけど、
その作業がなかなか楽しい。

全くの初心者からスタートして
試行錯誤してきた七年半の間でしたが、
それなりに色々な変化があったなぁと…。
あくまでも、進歩ではなくて、変化です。

当初から、「エエかっこしぃは苦手。」
と云ってた記憶はありますけど、
今振り返ると、それでもエエかっこしぃの写真を
撮ろうとしてた気がします。
今も逆光とか半逆光とかで撮る事は多いですが、
最初の頃は逆光と背景ぼかしのムードに酔ってました。
"自らの感性で対象を切り取る"的な気負いが
写真から伝わってきてむず痒くなります。
但し、今の自分では撮れない様な写真もあって
逆に新鮮だったりします。

今はできるだけ普通のモノを普通に撮って、
その佇まいみたいなモノを探ってる感じでしょうか。
かなり受け身な気持ちかもしれません。
当然写真は地味になりました(笑)。
別に作品を作ってる訳ではないので、
それでいいかなと割り切っている今日この頃。

| | Comments (4) | TrackBack (0)