« windows10でSC88pro | トップページ | 豚肉三連荘 »

2018/02/01

カメラとレンズと写真の話 その1

最近、instagramに載せるために
これまで撮った写真を見返してるんですけど、
その作業がなかなか楽しい。

全くの初心者からスタートして
試行錯誤してきた七年半の間でしたが、
それなりに色々な変化があったなぁと…。
あくまでも、進歩ではなくて、変化です。

当初から、「エエかっこしぃは苦手。」
と云ってた記憶はありますけど、
今振り返ると、それでもエエかっこしぃの写真を
撮ろうとしてた気がします。
今も逆光とか半逆光とかで撮る事は多いですが、
最初の頃は逆光と背景ぼかしのムードに酔ってました。
"自らの感性で対象を切り取る"的な気負いが
写真から伝わってきてむず痒くなります。
但し、今の自分では撮れない様な写真もあって
逆に新鮮だったりします。

今はできるだけ普通のモノを普通に撮って、
その佇まいみたいなモノを探ってる感じでしょうか。
かなり受け身な気持ちかもしれません。
当然写真は地味になりました(笑)。
別に作品を作ってる訳ではないので、
それでいいかなと割り切っている今日この頃。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラとレンズと写真の話 その1:

コメント

私、ほとんど何も考えず(試行錯誤せず)いつも撮っています。
なにか見て、あいいな、と思って、カメラ構えて、ぴぴぴぴと自分センサーに基づき構図を決めて、撮る、その程度です。
ええかっこしい、ってよくわからないんですが、
かっこいい写真を撮りたいときもあるし
かわいくしたいときもあるし、
わかりやすくしたいときもあるし、
そのままにこだわるときもある、
その中の「かっこいい写真をとりたい」が、ええかっこしいなのでしょうか?

ていうか、普段深く考えない自分がほんとはずかしいなあ

昔の自分の写真を見ても、進歩とか変化を感じないし・・・
鈍感なのだろうと思います。

投稿: ゆきを | 2018/02/01 21:06

◼ゆきをさん

>その中の「かっこいい写真をとりたい」が
>ええかっこしいなのでしょうか?

分かりにくかったですね。
「しぃ」のニュアンスが私の中では大きな差です。

伝わるかどうかわかりませんが、
「かっこいい写真を撮りたい」は
撮る対象と自分との関係ですよね。
「エエかっこしぃ」は
第三者への自己顕示が主になってる気がします。

私の中でのニュアンスなので、分かりにくいですね。

投稿: しほたつ | 2018/02/02 07:55

鑑賞者ウケを考える、というようなことかしら。。

投稿: ゆきを | 2018/02/02 11:05

◼ゆきをさん

近いような、近くないような。
色々考えてたら、わからなくなってきた(笑)。

投稿: しほたつ | 2018/02/03 09:00

コメントを書く