« May 2018 | Main | July 2018 »

19 posts from June 2018

June 28, 2018

古潭

久しぶりに梅田に出たので、
懐かしくなって古潭のラーメンを食べました。
1530294997337.jpg
昔、よく食べていた湯葉巻き揚げ定食は
もうメニューになかったので、
海老天定食をいただきました。

古潭のラーメンってこんなだったかな。
記憶にあんまり残ってないんだけど、
最後まで美味しく食べられる
バランスのいい味でした。
やっぱりこう云うラーメン、いいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高知の道の駅。

高知でトイレ休憩に立ち寄った道の駅にて。

1530294972182.jpg
地元のお菓子メーカーの美味しそうな
キャラメルビスケットを買いました。

モナカアイスもついつい。
1530294973028.jpg

キャラクタはやなせたかしデザインだ。
1530294973896.jpg

地場ソースもそそられたけど
荷物が多かったので今回はパス。
1530294976202.jpg

今までの常識だと、店内撮影は禁止なんだけど、
最近は事情が変わってきてますね。
1530294978940.jpg

店内撮影推奨になってきてるんですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャレンジャーなポテチ。


コンビニ限定のチャレンジャーな商品。
食べたらかなり納豆だった。

添付の袋に納豆菌が入っていて、
何日か寝かしたら納豆になるのではない。
それだったらもっとチャレンジャーなんだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

徳島ラーメン

徳島ラーメン
徳島でラーメンを食べました。
肉入りってメニューがあって
チャーシューではなく、豚肉が入ってます。
生玉子はテーブルに盛ってあって
自由に入れていいみたい。

私の食べた店はかなり色の濃いスープで
味もしょう油が勝ってる味でした。

とても流行ってました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2018

通勤電車の今日の一枚。

通勤電車の今日の一枚。
MICHAEL ARBENZはただ者ではない。
このvienってユニットでも毒っ気は変わらない。

冒頭の"Ligeti eats spaghetti"でやられました。
「リゲティがスパゲッティを食べる」なんて
ふざけたタイトルの曲だけど、
テーマは明らかに"Airmail special"で
それをプリペアドピアノで弾いた感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2018

土曜日、朝カメラ。

土曜日、少し遅めの朝カメラ。
持ち出したのはRICOH GXR+YASHICA ML MACRO 55mm F2.8。
いざ出発。
1529503250627.jpg

ねぎ坊主の花は美しい紫色。
1529503251672.jpg

紫陽花はこの季節あちこちで見掛ける。
1529503252639.jpg

電車好きではないけど、
線路とか架線とかはなんかいい。
1529503253740.jpg

1529503254768.jpg

ガード下の薄暗いトンネルもわくわくします。
1529503255974.jpg

枯れかけた薔薇。
1529503256842.jpg

画角の狭いレンズだったので、
全体が入れられなかったけど、
これはお地蔵さんのコンクリートの社。
ところがお地蔵さんがなくって、
代わりに子供の絵が飾られていた。
1529503257613.jpg

草津線のアマガエルの様な緑の電車。
1529503258491.jpg

畳屋。なぜか白黒。
1529503259649.jpg

スコップ。
1529503260920.jpg

植え込みの中にひっそりと。
1529503261845.jpg

道端に結構咲いてるけど、
ほとんど無視されてるような花でも
近づいてみるとなかなかかわいい。
1529503262948.jpg

標識の裏。
1529503263752.jpg

別のガード下のトンネル。
1529503264647.jpg

その横に面白いモノを見つけました。
雨で垂れた錆の色の跡がクロマトグラフィっぽく。
今度はもうちょっとキチンと撮ってみよう。
1529503265559.jpg

二種類の紫陽花。
1529503266546.jpg

やっとマクロレンズっぽく撮ってみました。
1529503267959.jpg

土手の枯草。全部種なのかな。
1529503268838.jpg

前回の桜の季節とは違って
地味な川に戻ってました。
1529503270019.jpg

まだまだ青いもみじ。
1529503271037.jpg

琵琶。
1529503272077.jpg

水門の開閉ハンドル。
取っ手の部分だけピカピカです。
1529503273009.jpg

なんてことない写真ばっかりですが、
マクロレンズを持って歩くと
色んなものに集中してる気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2018

地震

今朝の大阪の地震で電車に一時間半缶詰めでした。
降車して線路を歩くと云うニュースでよく見るヤツを体験。

1529283773264.jpg

1529283778378.jpg

それよりも地震の緊急アラームが
電車内に響き渡る中、
私のスマートフォンは鳴らず…。
三分後に遅れて鳴り始める始末。
これでは意味がないぞ。
買い換えを検討しなくては。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 15, 2018

牛シチュー麺

牛シチュー麺
三宮界隈の中華の店では時々見掛ける
牛シチュー麺や牛シチュー飯。
牛腩飯が正式名だと思う。
その昔、南京町の群愛飯店で食べて感動した。

こないだ会社の後輩に教えてもらった
三宮の順徳って広東料理の店で食べたら
やっぱり五香粉か八角っぽい香りでした。
美味しかったなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

井出商店

和歌山ラーメンの火付け役の
井出商店に初めて行きました。

1529081592246.jpg
豚骨の臭いが私には厳しい…。
九州並みの本格臭だ(笑)。
好きな人には堪らない筈。

早すしは美味しかった。
1529081597956.jpg

なれすしはなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

通勤時間の今日の一枚。

通勤時間の今日の一枚。
ロジェストヴェンスキー
& ソビエト国立文化省交響楽団の
プロコフィエフのバレエ曲「鋼鉄の歩み」。
このアルバムは私の大好きな
「ドニエプルの岸辺にて」も入っていて、
そっちはへヴィーローテーションで聴いてたけど、
鋼鉄の歩みは通しでは何度か聴いた程度。

何とも荒々しいプロレタリアな作品。
終曲は巨大な工場がフル稼働してるよう。

ドニエプルが始まるとホッとする(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2018

カメラとレンズと写真の話 その4

今使ってるカメラは4台です。
どれがメイン機でどれがサブ機って訳でなく、
レンズのマウントによって使い分けています。

全部、とっくに生産終了してるので
今さら取り上げてどうするって話ですが、
まだまだ現役で頑張ってるので紹介します。

◼Lumix GX1
1528972276103.jpg
一番出動機会の多いカメラです。
大きさがちょうどいい。
後継のGX7は一回り大きすぎるし、
一時出てたGMは小さすぎた。
GFも良いんだけど、ちょっと可愛すぎる。
PEN Fの1/8000も魅力的なんですが、
少し大きい上にかなり高い。
きっとGX1を壊れるまで使い続けます。

◼RICOH GXR
1528972281428.jpg
このカメラこそ壊れたらどうしようかと思う。
孤高のユニット交換式カメラで
後継も途絶えてしまってます。
でも、とても使いやすい上に
写りが素晴らしいんですよ。
MOUNT A12ユニットを使うと
Leica Mマウントのカメラになります。
元々こんなマイナーなカメラなんぞ
買うつもりは毛頭なかったんですが、
ロシアのJupiter-12ってレンズを買ったら
後玉が思いっきり飛び出していて
マイクロフォーサーズでは使えなかった。
調べてみたら当時使えるカメラは殆どなく、
唯一私が買える値段のモノがGXRだったって訳。
で、使ってるうちにこのカメラが大好きになり、
散歩のにはGX1よりも頻繁に
持ち出すようになりました。

◼PENTAX Q10 & Q7
1528972285867.jpg
このカメラもしばらく後継機が出てません。
今やスマートフォンのカメラにも劣る画素数。
だけど、Dマウントが使えるカメラは
Qシリーズだけなんですよね。
しかもQ10とQ7ではセンサーサイズが違うので
どちらも手離せません。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2018

通勤時間の今日の一枚。

通勤時間の今日の一枚。
アートブレイキー&ジャズメッセンジャーズに
18歳のマルサリスが参加したライヴ音源。
この時点でのこのバンドの音楽監督は
ボビーワトソンですね。
私は彼の楽曲が大好きです。
そこにマルサリスが入って
主役が奪われて行くんですね。
ま、この演奏を聴いたら納得ですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 10, 2018

ピアノ×クラリネット×ベース

昨日は七、八年ぶりのクレオールでした。
西山瞳(pf)、鈴木孝紀(cl)、光岡尚紀(b)の
変則的なトリオによる演奏。
しかも三人とも枚方在住or出身と云う
これまた偏狭的なトリオ。

面白かったのは三人の持ち寄った曲を
ほぼ均等に演奏していた事。
光岡さんは恐らくメインストリームな
ジャズが好みだと思われ、
他の二人とは選曲の毛色が異なっていて
これがいい変化になってたように思います。
西山瞳さんの"Suger"は初めて聴いた(笑)。
今回はオリジナル曲は少な目だったけど、
アンコールのひらパーな曲は破壊力があった。
オチャラケっぽいけど本気の作品。
あー、スパルタカスがひらパーに聴こえる。


会社のクラシック好きの後輩と行ったんですが、
彼はクラリネットの鈴木さんの演奏が
かなりツボだったようです。
私も同感。
彼のオリジナル曲も良かったし、
ややモタるようなの歌い口も良かった。
何よりサブトーンっぽいクールな音色が
魅力的だったなぁ…。

帰りは約二十五年ぶりののんちゃんで
焼き鳥で一杯やりながらの音楽談義。

ピアノ×クラリネット×ベース
こう云う話をしてる時が一番幸せだわ。

いい一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2018

休日、ライヴを聴きに行く途中の今日の一枚。

休日、ライヴを聴きに行く途中の今日の一枚。
サミュエルバーバーのピアノ曲集。
ダニエルポラックと云う人が弾いてます。
ピアノソナタは薄い調性のなかでも
混沌とした雰囲気はなく、
メロディが印象的で色彩感がありますね。

Excursionsって四曲から成る作品は面白い。
ジャズ寄りの耳で聴いてしまう。
それもガーシュイン的なジャズではなく、
特に一曲目はこれだけをいきなり聴くと
ヨーロッパ系のピアニストのソロ演奏かと。
四曲目はコープランドっぽくてちょっとダサい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2018

田舎のネズミ

田舎のネズミ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2018

週末ゼルダ終了。

週末ゼルダ終了。
今年の頭から週末の朝だけ続けていた
ゼルダの伝説が終わってしまいました。
終わってしまうのが惜しくて、
ここ1ヶ月はストーリーを進めず、
祠やミニチャレンジに興じてましたが、
それも全部終わってしまったので、
ラスボスに会いに行ってみたら、
二回目で討伐できてしまった。

いいゲームだったなぁ…。
我が子はエンディングを見ながら
涙ぐんでいました。

惜しむらくはリザルフォス避けで
マスクをかぶったまま
エンディングに突入してしまった事だ(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2018

鈴鹿六時間耐久。

昨日は鈴鹿のモートピアに遊びに行きました。
絶好の天気に恵まれました。
R0042758_r

オリジナルキャラクタもお出迎え。
R0042751_r_2

R0042753_r_2

R0042754_r_2

鈴鹿サーキットに併設されているだけあって、
乗り物を中心とした体験型のアトラクションが充実。
単に乗ってるだけの遊具だけではなく、
運転する、もしくはそれっぽい事をする感じになっている上、
上手くできた人にだけ渡される各種のライセンスが
子供心をそそるようでした。

最初に乗ったのはプッチグランプリと云う低速カート。
P1880947_r
怖がって、嫁さんと乗ったんですけど、
納得の走りが出来たなかったみたいで、
一人で乗りたいと言い出しました。
順番待ちの列がかなり伸びていたので、
リベンジは後回しに。

細かくあれこれ乗って、園内で早めの昼食。
席の確保に苦慮するほどの人の多さでもなく、
割とのんびり食事できました。
R0042792_r

モートピアのメインの敷地から、一般道を挟んで、
鈴鹿サーキット側にも地下道や陸橋で行けるのですが、
そこにあるレーシングシアターはなかなか面白かった。
メインシアターで体感型の映像を楽しんだ後、
レーサーの能力の測定や風の体験などができ、
実際のバイクやF1マシンも間近で見られる。
R0042797_r2

レーシングシアターの前に新しいアトラクションの
デュエルGPって云うのがあったんだけど、
我が子は怖がって乗らず。残念。

個人的には観覧車がかなりよかった。
R0042808_r_2
鈴鹿サーキットを眺望できます。
バイクが走ってました。
P1880965_r

シケイン。
P1880976_r

これに刺激を受けたのか、我が子もバイク体験。
P1890042_r

一応合格して、ライセンスをもらう。
紙のペラペラのライセンス証はタダだけど、
300円で写真入りのプラ板のを発行できる。
よく頑張ったので作ってあげることにしました。

この後は朝一のプッチグランプリに一人でチャレンジ。
P1890092_r
どうやら満足したようです。

その他も評価が伴うアトラクションが多いので、
子供のテンションは終始高めでした。
R0042819_r

R0042841_r

P1890118_r

そんなに広くない園内でしたが、約六時間、
移動時間も入れると八時間超、
我が家の鈴鹿耐久レースの巻でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 01, 2018

通勤時間の今日の一枚。

通勤時間の今日の一枚。
ウォルトンの弦楽四重奏曲第2番と
ピアノ四重奏曲のカップリング。
ウォルトンの重厚な弦の響きは
いかにもイギリス的な風格だけど、
メロディアスなので割と親しみやすい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

息子画伯 ズカン

息子画伯 ズカン
我が子のらくがき帳は
図鑑からの模写が多いです。
メインは魚類と昔の生きもの。

下書きなしで水性ペンで書いてます。
失敗したら、諦めてすぐ次の絵。
ちょっと紙はもったいないけど、
それも含めて見せてもらうと面白い。

写真はかなり書き込んでるので
うまくいった例でしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)