« ジャズ聴き始めの頃の話 その1 | トップページ | ベテラン初心者 »

2018/11/03

ジャズ聴き始めの頃の話 その2

ジャズ聴き始めの頃の話 その2
私が初めて買ったジャズのレコードは
マイルスのマイファニーヴァレンタインでした。
きっかけはタモリがオールナイトニッポンの中で
このアルバムについて熱く語ってたから。

確か高校入学祝いにステレオを買ってもらう前だったので、
中学生の終わり頃か、高校生の初めの頃だったと思います。

まだジャズ初心者のハナタレ小僧には難し過ぎました。
だって元のスタンダードも知らないのに、
崩しまくったマイファニーヴァレンタインは理解不能ですよね。
しかもバラッド中心の構成で派手さがない。
もし「FOUR AND MORE」の方を買ってたとしたら、
私のマイルス感は少しは違ったろうか。
それよりももっと若い頃の
プレスティッジの⚪⚪in'三部作を聴いてたら、
どうだっただろう…。

結局、これが原因で私のマイルス嫌いが始まり、
さらにはモダンジャズの本流を捉え損なって
脇道にそれる原因になったのかもしれません。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ聴き始めの頃の話 その2:

コメント

コメントを書く