« 【買ったら聴こう00042】It's so isso/一噌幸弘 | トップページ | 【買ったら聴こう00044】Unfolding/Aaron goldberg »

2018/12/29

【買ったら聴こう00043】Free jazz/Ornette Coleman

【買ったら聴こう00043】Free jazz/Ornette Coleman
オーネットコールマンが好きで色々聴いた中では
このアルバムはあんまり好きじゃない一枚です。
いえ、でした。

二つのクァルテットが左右のチャンネルで
同時に演奏すると云うアイデアが
いい結果を生み出してるとは思えなかったから。

オーネットコールマンはフリージャズの先駆者、
みたいに書かれているのを時々見ますが、
ドシャメシャのフリージャズとは違って
調性を感じるし、多くの場合、明るいです。
代表作の"Lonely woman"は陰のあるテーマですが
多くの彼の作品は長調的な響きでウネウネしてる(笑)。
私はそのボヤキの様なプレイが好きなのです。

20世紀に入って、クラシック音楽は無調に進んでいって、
偶然性の音楽なんて考え方も出てきたり、
どうしようもない袋小路に入ってしまいました。
決してつまらない音楽とは云いきれませんけど、
ポピュラー音楽ではなくなってしまいました。

ジャズもそれから半世紀位遅れて、
同じ道を進んでしまった訳ですけど、
やっぱり大衆がついていけなくなった。

オーネットコールマンの「Free jazz」は
彼の作品の中では一番ドシャメシャな匂いがするので、
あんまり好きではなかったんですね。

でも、よく聴くと、
右チャンネルのドルフィはいつもの調子で暴れてて、
左チャンネルのオーネットコールマンも
普段とやってる事はあんまし変わらない。
要はダブルクァルテットって特殊な試みが
偶然の新鮮な響きを生み、偶然の混沌を生んだ。

でも、ただのドシャメシャと根本的に違うのは
お互いの音をよく聴いて、調和の方向を目指してる事。
その中でオーネットコールマンの明るい語り口が
厄介なドルフィやドンチェリーやハッバードを
諌めていくように思えて面白いです。

CDには別テイクが収められてるので、
秩序をもってプレイされてた事がよくわかりますね。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【買ったら聴こう00043】Free jazz/Ornette Coleman:

コメント

今日は。
オーネットコールマンは、北欧の雪景色をジャケットにしたアルバム
がいいですね。あの二枚組だけを私は持っています。他は?‥ウ~ム。

投稿: 平戸皆空 | 2018/12/29 12:24

◼平戸皆空さん

ゴールデンサークルの二枚ですね。
オーネットコールマンの最高傑作みたいな紹介も多いですよね。
個人的にはオーネットコールマンは
あんまり出来不出来が大きい人ではないと思うので、
あとはメンバーとの相性を楽しみながら
初期から晩年まで同じ感覚で聴けます。

投稿: しほたつ | 2018/12/30 09:26

コメントを書く