« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月の16件の記事

2023/11/30

冷たくなった?

あれだけ早く終了したいと思っていたさし餌ですが、

なくなったらなくなったで、寂しく思う今日この頃。

勝手なもんです。

最近、パリちゃんがそっけない。

名前を呼んでも反応がない事も多い。

籠から出すと寄ってきてはくれるものの、

まず嫁さんのところに飛ぶ。

きっと嫁さんの方が優しく自由にさせてくれるからだと思います。

私は心配性なので、ゴミを啄んだりするのを阻止したり、

体に悪そうなモノを齧ってたらサッと取り上げたり、

水浴びの後は風邪をひかないように嫌がってもタオルで拭いたり、

首のところのイグザクトの塊を取ろうとしつこくホジホジしたり、

まだ遊び足りないパリちゃんを捕まえて無理に籠に戻したりと、

嫌われても仕方ないような事をかなりやってます。

「さし餌くれないんならコイツに用はない。」って思ってるんだ。

きっとそうに違いない。
Dsc_1000

| | コメント (2)

2023/11/28

水浴びの周期

どうも水浴びをしたくなる条件だか、周期だかが、
あるように思えます。

今朝、小さな容器に水を入れて飲ませていたら、
そこに胸を浸すような仕草をしました。
きっと水浴びをしたいんだろうと思って、
大きめの容器に水を張って目の前に置いたところ、
一目散にダイヴ!
Img_20231128_080330vf

Img_20231128_075924vf

Img_20231128_080104vf

同じ容器で同じ事をしても、
水を飲むだけで終わる事がほとんどなのですが、
五日に一度くらいのペースで水浴びまで発展します。
ちょうどそれくらいで体の汚れを落としたくなるのかな。

| | コメント (2)

2023/11/27

一人餌、ネクストステージへ。

先週の土曜日から籠の中の撒き餌をやめました。
餌場はデフォルトのクリアケースの餌入れと
ゲージに取り付けたスカイレストラン(SANKO)のみ。

クリアケースはかなり深いので、
食べやすい高さにするためには
餌を大量に入れないといけません。
なので、切った角材を敷いて底上げしました。

スカイレストランは上段の止まり木から
伝っていける位置に設置しました。
Dsc_0988

最初、床の餌場がなくなって戸惑ってましたが、
しばらくしたらクリアケースから餌を食べ始めました。
作戦成功です。
Dsc_0981

スカイレストランでも啄んでいるのを確認。
こちらも機能しているようです。
居心地がいいらしく、夜の間ずっとそこにいたようで、
餌の上に大量の糞が…。
勿体ないけど餌は廃棄です。
スカイレストランは閉店かな…。
とは云え、そこが気に入っているのなら、
休憩所として残すべきかも…。
また対策を考えることにします。

今朝の体重が90gに乗りました。
もう大丈夫そうです。
Dsc_0955

| | コメント (2)

2023/11/24

親父の柿の木

Dsc_0937
柿好きの父親が植えた柿の木。
リフォームで庭はほとんど潰しましたが
柿の木周辺だけ残しています。

今年は実が三個しか実らず、
そのうち二つは先日の強風で落ちてしまった。

柿の木は実る年と実らない年を繰り返すそうです。
来年を待ちます。

こう書くと、亡き父の思い出っぽいですが、存命です。
それどころか米寿だと云うのにまだまだ元気です。
何なら私より健康です。

| | コメント (2)

大人の階段

この二日間はパリちゃんに大きな変化がありました。

朝一番の体重が87~88gまで上がり、
籠の中でも床に置いたトレイから
餌をポリポリ食べるようになりました。
ほぼさし餌なしで寝る前には92~93gに。
"ほぼ"と云うのは、薬を飲ませないといけないので、
一匙だけさし餌に垂らしてあげているためで、
実質はさし餌終了です。
あれだけ心配したのが嘘のよう。

すると、何だか行動も急に大人っぽくなりました。
「餌くれ~。」のジャージャー鳴きをしなくなり、
「籠から出してくれ~。」と騒がなくなった。
昨日まで私が近づくと、ケージによじ登って、
「かまってくれ~。」もアピールしてたのに、
今日なんか、覗き込んでも止まり木に止まったまま
「なにか?」って顔で見てくる。

僅か一日二日で、この変化なので、こっちが戸惑います。
ひょっとして体調が悪いんじゃないかと思いましたが、
放鳥時の様子は普段と変わりません。

日々の変化に一喜一憂です。
Dsc_0905

| | コメント (2)

2023/11/22

コンパニオンバード

パリちゃんの事で嫁さんと話してて
子供が赤ん坊の頃の事を思い出しました。

初めての育児で不安だらけでした。
ハイハイをなかなかしないとか、
喋るのが遅いとか、
離乳食を食べないとか、
肌荒れがひどいとか、
平均的な育児イメージと比較して
うちこの子は遅れてるんじゃないかと
色々心配してたっけ…。

考えてみたら、今のパリちゃんに対するのと
悩み方が全く一緒やん、俺(笑)。

あれだけ心配した我が子も中学生。
一年生で既に身長が174cmを超え、
反抗期に突入。
親に向かって生意気な口を叩いてます。

言い争いになる事も多いですが、
パリちゃんが来てから、
少し波風が穏やかになったかもしれない。

ネットを見てると、コンパニオンアニマルって
呼び名を時々見かけます。
ペットとの違いは愛情を一方的に注ぐか、
お互いに気持ちが通じ合えるかの違いだそう。
また、人間の伴侶とか、家族の一員の位置付け。
オカメインコはまさにコンパニオンバードらしい。

まあ考え方は色々あるとは思います。
個人的には人間の勝手で飼ってるんだから
"お互いの気持ち"とか云い出すと
何か違うような気もしないではないですが、
店でたまたま買ったオカメインコからスタートし、
今はこの子じゃなきゃダメって存在になってる。
で、自分たちになついてくれてる喜びを感じる。

それは今も昔も変わらないんじゃないかと思います。

嫁さんはパリちゃんにお母さんと名乗り、
私の事をお父さんと呼ぶ。
そして我が子の事をパリ兄ちゃんと名付けた。

我が家は今、パリちゃん中心か…。
我が家の中心でパリちゃんが叫ぶ。ヒュイー。
Dsc_0845_20231122113601

| | コメント (4)

2023/11/21

一人餌への兆し

朝のさし餌をやめて三日目、一人餌への兆しが見えて来ました。

会社から帰ると、テーブルの上でパリちゃんが
一心不乱に餌を啄んでいました。
昨日までの片手間に突っついているのとは
全く違って、むさぼり食ってる感じでした。
嫁さんが夜のさし餌をちょっとだけしかあげなかったので、
満足できなかったんでしょう。
みるみるうちに撒き餌を食べ尽くしたので、
更に追加しました。いいぞー。

寝る前に体重を計ると、さし餌後から1g増加してました。
わずか1gですが、この一歩は大きいです。

私はこれまで鳥かごの備品は
そのまま使うもんだと思ってました。
鳥の事を考えて作られたものだから間違いない、と。
衛生を保つよう糞切り網を敷いて、
付属の餌入れに餌を入れていました。
さすがに餌入れは幼鳥には深すぎるので、
100円ショップのステンレスの浅い皿に
木枠を付けて手作りの餌皿を作ったり、
止まり木から食べられる位置に付けられる
空中レストランなる商品を買ったり、
あれやこれや工夫をしましたが、
基本的に餌入れから食べさせようとしていました。
撒き餌もずっとやってましたが、
あくまでも餌の味を覚えさせて
餌入れに誘導するための手段程度に考えていました。
マクロダブラス症と診断されてからは
糞切り網を取り付けたので、
撒き餌は放鳥時だけしかやってませんでした。

しかし、もっと鳥の習性に合わせるべきでした。
まずは撒き餌メインでいいんじゃないかと。

で、籠の中を一気に変える事にしました。
糞切り網を外して、床の新聞紙の上に
大量のペレットをばらまきました。
金持ちの棟上げの餅撒き級の大盤振る舞い。
夜の定位置はいつも止まり木の端っこなので
その真下は撒かないようにしました。
餌が糞爆弾の直撃を受けないように。

翌朝、籠をみると、餌はあまり減っていませんでした。
体重を計ると夜から4g減。
いつもは5g減ってたので、1g改善したのか、
それとも糞の量が少なかっただけなのか、
微妙すぎて分かりません。

ちょっと残念に思いつつ、
とりあえずパリちゃんを籠から出して、
床のトレーを引き抜いて掃除をしようとした時です。
パリちゃんが飛んできて、トレーの餌を啄み始めました。
昨日の夜みたいに凄い勢いで喰いまくってる。

私は掃除の手をとめて、見守り続けました。
撒き餌が少なくなったので、更に追加。
遮二無二餌を啄み続ける事、約二十分。
よっぽど夜の間にお腹が空いてたんですね。

食後の体重を計ると1g増加。
やった。
僅か1gに一喜一憂です。

その調子だ、パリちゃん。
Dsc_0863

| | コメント (2)

2023/11/20

朝のさし餌を抜く。

一人餌になかなか移行できず困っています。
さし餌が長引くとそのう炎になるとか、
ネットには書かれています。
お医者さんはそんな事はないと言っています。
ネット上には色んな意見が飛び交っていて
参考になる反面、不安を煽られます。

先週末から朝のさし餌を抜くことにしました。
朝の体重を計って、夜の体重を計って、
減った分だけ晩ごはんにさし餌を与える。
空腹状態を作って自分から餌を食べるようにする。
とまあ、云うのは簡単なんですが…。

ずっと様子を見ている訳にもいかないし、
我々の気配を感じると呼び鳴きが始まるので、
そっとしておくしかない。

初日の朝の体重は87gでした。
夜に体重を計ると5g減っていました。
大体、糞を5g程度するらしいので、
おそらくほとんど食べていないと思われます。

5gさし餌する。

翌朝計ると、やっぱり5g減って、82g。
うーん、さし餌を減った分だけ与えると、
どんどん体重が減っていくではないか。
夜計ると78gまで減っている。
心配になって10gのさし餌。食事後88g。

そして今朝計ると、やっぱり5g減って83g。
夜の間は食べていないと思われます。

この状態がいつまで続くのか心配でなりません。
Dsc_0749

| | コメント (0)

2023/11/17

餌だらけ。

パリちゃんの一人餌に苦戦中。
餌入れを目の前に置くと
一口二口啄むんですが、どうも習性でやってるだけで、
餌だと云う認識をしていないんじゃないかと。

籠に入れておいても口をつけておらず、
さし餌の時間には腹を空かせてジャージャー鳴きです。

今後基本的にはペレットで育てたいので、
好みや粒の大きさなどを模索しているうち、
こんなに餌が増えてしまいました。
Dsc_0790
撒き餌に使ったり、糞で汚れて交換したり、
ほとんど捨ててる状態です。ううむ。

子供とペットには財布の紐が緩みっぱなしです。

| | コメント (2)

2023/11/13

こぶとりじいさん

こぶとりじいさん

パリちゃんの口の両脇に
こぶのようにぶら下がっていたイグザクトの塊が
相次いで両方とも取れました。
顔つきもすっきりかわいくなりました。
Dsc_0773

あと喉の奥の方に、まだ塊が残っています。
正面からみると、まだ喉元の毛並みが
クシャクシャしてるのはそのせいです。
Dsc_0777

それさえ取れれば綺麗になるんですが、
結石のようにガチガチに固まっていて、
ラジオペンチか何かで潰すしかありません。
皮膚の柔らかそうなところなので、
怖くてできません。
気長に待つしかないかな。


| | コメント (2)

2023/11/12

動物病院

昨日、動物病院に行って来ました。
マクロダブラス症のメガバクテリアは
いなくなっていました。一安心です。
念のためにあと三週間分の薬を貰いました。

嫁さんが職場で教えて貰った病院で、
鳥専門ではないけど、鳥には詳しい先生との事。
ご自分でも鳥を飼っておられるようで
鳥が好きなようでした。

良い病院が近くにあって良かったです。
Img_20231110_070558vf12000

| | コメント (5)

2023/11/09

リアルなお話

初めてのオカメインコで日々奮闘中の我が家。
嫁さんと二人で決めて飼うことにしたんですが、
今考えると、これが大事だったなぁと思います。

かわいいし、楽しいのは間違いないけど、
大変なのも確かです。
今回はその辺りのリアルなお話。

うちに来た時はまだ生後一ヶ月経ってなかったので、
まだ羽根も生え揃っておらず、
何かあったらすぐに弱ってしまいそうで、
心配ばっかりしていました。
毎朝、ケージのカバーを外す時、
倒れてるんじゃないか、死んでるんじゃないか、

ドキドキしていました。
夜中にリビングまで降りていって、
何度も部屋の温度を確かめたりしました。

さし餌も雛のうちはこまめにあげないといけない。
うちは二人ともフルタイムで働いているので、
お昼のさし餌があげられない。
空腹で弱ってしまうんじゃないかと
とても心配しました。
嫁さんの勤め先が車で十五分のところなので、
お昼休みに飛んで帰って、餌やりをしてくれました。

オカメインコにも個性があって、
性格が全然違うようです。
うちのパリちゃんはヤンチャです。
とにかく籠から出たがります。
翼をバタバタさせて暴れました。
すぐに出したら「騒ぐと出して貰える。」と
思うらしいので、放置しようとしたのですが、
羽根が止まり木にぶつかったり、
ゲージの隙間に挟まったりしそうで怖かった。
結局、こちらが折れて、外に出してしまう。
おやすみカバーを被せれば落ち着くんですが、
一日の大半を暗いところに入れておいていいのか、
籠が更に嫌いになってしまうのではないか、
などと、こちらの考え方もなかなか定まらず。

呼び鳴きの大きさには苦労しています。
ヒュイーヒュイーと我々を呼ぶのです。
最初はかわいい声だと思っていたのですが、
大きくなってきて、音量が大きくなりました。
ネットで調べてみたら70~100dbだそうです。
100dbと云えば、電車の通るガード下並み。
しかし、ガード下のうるささと違うのは、
高音で脳天を直撃するような鋭い音って事。
なかなか堪えます。
籠の中で大人しくしてても、
我々の気配を感じるともうダメ。
ヒュイーヒュイーが始まります。
更に我々の姿を確認すると、
籠から出してくれアピールが追加され、
堪らず放鳥してしまう事に。
そうなるともう付きっきりになります。

嫁さんは仕事から帰った時は、
この呼び鳴とジャージャー鳴き(餌くれ)の波状攻撃で、
疲れ切っている日が何度もありました。
こんな状態がいつまで続くのか不安になり、苛立ち、
ちょっと揉めました。
今は人の気配を感じさせないように
廊下の窓際に籠を移動させたりして、
何とか遣り繰りしています。

そんなこんなで、我が家の奮闘記はまだまだ続くでしょう。
Dsc_0735

| | コメント (2)

2023/11/06

水浴び

オカメインコは脂粉が多いので
水浴びをさせたいところですが、
喜んで水にダイブするような個体もあれば、
水を嫌がる個体もあるそう。
うちのパリちゃんは最初の換羽もまだなので、
水浴びの必要はないようなのですが、
飼い主としてはイグザクトまみれの胸元を
きれいに洗い流したい気持ちもあります。

で、試しに洗面台に連れて行ったところ、
水をチョロチョロ出しただけで
怖がって近寄ろうともしない。
無理強いはいけないので作戦は中断。

ダメかぁ、と思いつつ、平べったいプラスチックケースに
薄く水を張って、テーブルの上に置いてみました。
すると今度は興味を示して近づいていく。
水を舐めた後、いきなり身を屈めて、
バシャバシャやり始めた。
更には羽根をバタバタ。体をブルブル。
あっという間にあたりが水浸しになりました。
とてもじゃないが写真を撮っている余裕はなかったです。
でも、あんなに嬉々として水浴びしたんだから、
きっと次もバシャバシャやるに違いない。
その時はしっかり写真に収めよう。

ところが、数日後、同じ容器で同じように水を張って
テーブルに設置したところ、今度は近寄ろうともしない。
さりげなく近づけてみたら、尻込みして逃げようとさえする。
何があったんだ…。
(なので、水浴びの写真はありません。)

| | コメント (2)

鳥のアスレチック

鳥のアスレチックを買いました。
ストレス解消と知育の目的で、と云いつつ、
遊んでいるところを見たいと云うのが正直なところ。

しかし、こういうのって、飼い主が面白いと思っても
オカメインコが食いつくとは限らないんじゃないの。
私は半信半疑でした。

で、ネットで調べてみたところ、
凄い動画が見つかりました。
飼い主が組み立てる様子を
オカメインコが首を振って見ている。
これはご機嫌のサインです。
で、完成を待ちきれず、
作っている途中から遊び始めています。

思わずネットで同じものを探し、
買ってしまったのです。

ところが設置して一週間以上経つのに、
一番下の台のところをうろうろするくらいで
上のアスレチック部分には登ろうともしない。

やっと梯子に足を掛けたかと思ったら、
二歩目を踏み外して慌てている。

写真は鳥のアスレチックには目もくれず、
敷いている新聞紙をずっとカジカジしているの図。
なかなか思い通りにはいきません。

でも、もう少し大きくなったら、
遊んでくれるものと信じています。
Dsc_0704

| | コメント (2)

2023/11/02

なつく。

オカメインコがこんなになつくとは思いませんでした。
人の指を怖がる子もいるようなので、
よかったと思います。

パリちゃんは籠があまり好きじゃないようで、
やたらと外に出たがります。
そんでもって、出たら入りたがりません。
わがままなヤツだよ、ホントに。
Dsc_0622

| | コメント (2)

一人餌

うちのパリちゃんは9月上旬の生まれなので、
そろそろ二ヶ月になろうとしています。
(はっきりした日にちは分からない。)

一人餌に切り替えなければいけない時期なのですが、
なかなか苦戦しています。

うちに来た時から撒き餌をして慣らしてきたので、
シードやペレットを啄むようにはなっています。

しかし、どうも嘴で砕いて遊んでいるだけっぽい。
それを食べものだとは認識していないのではないか。

お腹が空くと、目の前に餌があるにもかかわらず
ジャージャー鳴きを始めます。
「早くイグザクトをくれー。」って云ってる。

ネットで調べると、空腹にさせる事が重要とか。
ジャージャー鳴きをし始めても、心を鬼にして、
さし餌を与えないと書いてある。
そしたら一人で餌を食べ始めるとの事。

云われる通りに我慢させようとするのですが、
ジャージャー鳴きでは収まらず、籠の中で暴れまわる。
翼を傷つけそうで怖い。思わず外に出してしまう。
で、目の前に餌を置いて、一人餌を促すのですが、
全く目もくれず、ジャージャー鳴き続けます。
イグザクトのあるケースの中に突っ込んでいく事も。、

根負けしてさし餌を与えてしまうダメな飼い主。

あんまりさし餌が長引くと、体にも悪いそうなので、
何とかしないといけないのですが…。

悩みは尽きません。
Dsc_0624

| | コメント (2)