« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月の20件の記事

2023/12/31

今年の汚れ今年のうちに

昨日はいい天気だったので鳥籠丸洗いしました。
Dsc_1337

Dsc_1339

そして、パリちゃんも水浴びしてふわふわになりました。
Dsc_1393

| | コメント (2)

2023/12/28

パリちゃんが自ら籠に。

あれだけ籠に入るのを嫌がっていたパリちゃんが
自分から中に入りました。
チップアンドトリート(JW Pet Company)って
フォージングトイにつられてではありますが。
Img_20231228_062502vf_20231228073201
天蓋を開けているのに出てきません。
夢中で遊んでいます。
籠の中も楽しいと思ってもらえたらありがたい。

ありがとうチップアンドトリート。
Dsc_1274

| | コメント (2)

アンシンメトリー

長い風切羽がもう一枚抜けました。
これでバランスが良くなると思いきや
また同じ側でした。
Dsc_1313

これで右側が黄色三枚、
Dsc_1316
左側が黄色一枚です。
Dsc_1320
一枚が黄色いのは雛の頃からです。

この色変わりでオスメスの判別や
ノーマルかシナモンかの見極めができないか、
ネットで調べてみましたが、分かりませんでした。

そもそも風切羽根が黄色いのはあんまり見かけない。
特にオスメスの特徴ではないみたいですし、
色抜けだとするとパイドと呼ばれる種類になる?
うーん、余計に訳が分からなくなりました。
お店でノーマルの子を指定して買ったんだけどなぁ。

色の好みもありましたが、
ノーマルの方が丈夫で育てやすいと聞いてたので、
初心者としては安心かと思ってそうしたんですね。

今となっては元気に育ってくれてるし、
パリちゃんで良かったと思ってるので、
とやかく云うつもりはないんですが、
種類の謎は解いておきたいなぁ。

| | コメント (2)

2023/12/27

ゆらゆら。

我が家はリフォームの際、一部の壁を取ったので
補強用の斜めの柱があります。

そこにパリちゃんの止まり場ができないかと思って、
購入したのが「小鳥の遊び場ロープ(マルカン)」です。
Dsc_1298
オカメインコには少し細いかな。
少し揺れる事もあって、あんまり止まってくれません。
誘導すると止まる事は止まるのですが、
常にバランスを取ってふらふらしています。
意外と不器用です。
おっとっと。
Dsc_1237

| | コメント (2)

2023/12/25

齧る。

インコやオウムは何でも齧ります。
如何にも齧りそうな嘴をしてるもんね。
齧る事で色んな情報を得たり、
嘴の形を整えたりするのだそう。

しかし、人間には齧られたくないものがある。
部屋の中には一杯ある。
齧ったら危ないものも沢山あります。
生活する上でこれらを排除するのは無理です。

一緒に生活していくには
落としどころを見つけていかないとね。

夜、パリちゃんは私の部屋で寝ているので、
朝起きて籠の掃除をする間は部屋で放鳥します。
パリちゃんのお気に入りの場所はワイヤーラック。
ここには簡易のオーディオとカメラのレンズと
今や貴重品のテレビデオが置いてあります。

最初のうちはラックの前面に止まるだけだったのに、
慣れてくると裏側に回り込むようになりました。
そこはコード類の巣窟です。

電源ケーブルは危ないのでコードカバーを巻きました。
そしたら、コードカバーに異様に興味を示し、
集中的にカジカジし始めました。
これでは逆効果です。

仕方ないので裏に回り込む経路をガードする事に。
そこに齧ってもいい空き箱を置きました。
見た目は不細工になりますが、効果覿面。
Img_20231225_073920vf
ま、これにも飽きたら、
別の冒険をし始めるんだろうなぁ。
知恵比べです。


| | コメント (2)

2023/12/22

居心地

パリちゃんは鳥籠に戻るのを嫌がるんですが、
最近、少しマシになってきました。
両手で包んで籠まで運ばないと入らないのは
相変わらずではありますが、
入ったら大人しくそれを甘受するようになりました。
必死で飛び出そうとはしなくなった。

パリちゃんが成長したのもありますが、
我々が入れた後のフォローを変えたからかも。

籠の中でうろうろする時は
まだ外で遊びたい合図なのですが、
しばらく籠の前に座って見ててあげると
落ち着いてきて餌を食べたりし始めるのです。
嫁さんがその事に気付いてからは
私も中に入れてすぐに立ち去ったり、
おやすみカバーを被せたりしないようにしてます。

「籠の中=一人ぼっち」ではないと分かれば
パリちゃんにとって居心地がよくなる筈。
Dsc_1114

| | コメント (2)

2023/12/20

パリちゃんのツボ

やたらとアマゾンでパリちゃん関係のモノを買う。
餌にしろ、オモチャをにしろ、喜びそうだなと思ったら、
ついついポチッとしています。

それで、実際に気に入ってくれるかと云うと、
意外とヒット率が低いんですね、これが。
餌については割と何でも食べるんですが、
オモチャについてはツボが分からない。

買ったものより、爪楊枝、綿棒、コードなどに食いつく。
見た目面白そうなバードアスレチックよりも
カーテンレールやハンガーを好む。
Dsc_1167
ホントは安上がりですむのかもしれない(笑)。

| | コメント (2)

2023/12/19

練習中?

パリちゃんは子供の肩に乗ってる時とか、
籠の中で寛いでる時とかに、
ゴニョゴニョ云ったり、
歌っぽい鳴き方をしたりします。

先日、おやすみカバーを掛けたら、
何やら唄い始めたので、隠し録りしました。


これって普通の鳴き声じゃないですよね。

部屋に置いている時、寂しくないように、
バロックのリコーダー曲とか、
栗コーダーカルテットとかを
静かな音で掛けているんで、
その真似をしてるのかな?
メロディが形になってないので分かりませんが、
一生懸命唄っているのは愛らしい。

歌を唄うなら、オスの可能性が高いそうです。
さてさて、これは歌か、鳴き声か。

| | コメント (2)

2023/12/18

くるくる。

籠の中の退屈しのぎとストレス発散用に
取り付けタイプのフォージングトイを買いました。
Img_20231218_061117vf

Img_20231218_061132vf

Img_20231218_061004vf

くるくる回したら餌が出て来る仕掛け。
好きなシードを入れたら、
夢中になってやってました。

| | コメント (2)

2023/12/17

風切羽

嫁さんが大きな羽根が落ちているのを見つけました。
Dsc_1137_20231217095601
赤い羽根の共同募金くらいの大きさはあります。

調べてみたら、ここの羽根でした。
Dsc_1152_20231217095801
風切羽の一枚だったようです。
そのせいで黄色が目立つ感じになりました。

よくみると、背中の羽根がまだらになってる。
新しい羽根の方が若干濃い様子。
Dsc_1161

| | コメント (2)

2023/12/14

独り言

パリちゃんの籠は、平日の昼の間、
保温のために半分だけおやすみカバーを掛けて
日当たりのいい子供部屋に置いています。
誰もいなくて寂しがっているのではないかと、
こっそり覗き見たところ、何やら鳴き声が聞こえる。
普段の鳴き声とはちょっと違う。
歌ってるようにも聞こえるし、呟いているようにも聞こえる。
で、時々、素っ頓狂な奇声を上げたりしている。
我々の声や音楽や環境音を真似しているのだろうか…。
Img_20231214_183330vf

| | コメント (2)

色変わり

パリちゃんはまだ生後三ヶ月なので、
成鳥への本格的な換羽はまだだと思いますが、
最近、頭や顔の辺りの羽根も生え換わってます。
それと同時に色合いの変化も出てきました。
Img_20231213_224054vf
額に筆毛が見えます。
嘴の横辺りの色がグレーっぽくなってます。
顔の黄色の面積が減ってきたような…。
この間、嫁さんがオレンジの羽根を見つけました。
頬のパッチも薄くなってしまうのかな?
ネットで調べてもよく分かりません。

普通ノーマルの雛は、
オスならグレーから黄色が濃くなってくる、
メスならグレーのまま、って云うのが普通のよう。
パリちゃんは最初から頭が黄色っぽかったので、
このままいくのかと思いきや、
薄くなっていくってどうなんでしょう。

日々の変化から目が離せません。

| | コメント (2)

2023/12/12

粟の穂

オカメインコに限らず
鳥は粟の穂が大好きなようです。

籠に入りたがらないパリちゃんも
粟穂につられて中に入り、
しばらく夢中で食べた後に
閉められた事に気付いて、ハッとしてます。

しかし、これの固定がなかなか難しい。
最初は床に置いていましたが、糞で汚れるので、
付属品の野菜クリップを使いました。
しかし、これも下の方か隠れてしまい効率が悪い。
それ用のクリップを買いましたが、
根本を点で留めるヤツだったので、
ちょっと食べにくそうでした。

良いのがなかなかないので、
暫定的にアルミワイヤーで手作りしました。
Img_20231212_065305vf

螺旋状にして中に収めている感じです。
ワイヤーの形を調整でき、揺れないので食べやすい。
見た目はアレだが、なかなかの出来。

しかし、これとて齧り散らかした後を見ると、
糞切り網の下に大量の粟が落ちている。
実にもったいない。

受け皿を下に置くか…。
でも、そこに糞をされたらもともこもない。

色々、頭を使います。

| | コメント (2)

2023/12/11

オカメパニック、再び。

またパリちゃんがオカメパニックを起こしました。
今度は私が原因です。
朝、おやすみカバーを掛けた状態で
部屋のドアを開けた。それだけです。
特に大きな音を立てた訳ではないですが、
"普通に"開けてしまいました。
ドアの開く音、部屋の気圧の変化が
パリちゃんを驚かせてしまったに違いない。
カバーを外すと籠の中で暴れまわっていました。

落ち着かせようと優しく声を掛けましたが、
ケージにぶち当たって、転がり回って、
このままでは危ないかもしれない。

セオリーでは落ち着くまで外に出さないらしいが、
どうしたらいいのか分からず、
咄嗟に籠を開けてしまいました。

飛び出したパリちゃんは闇雲に部屋を飛び回り、
壁に激突して、テレビの裏側に落ちました。

大慌てで保護して、両手で包み込んで、
しばらくじっとしていると、ようやく落ち着きました。
小刻みに震えているのが分かりました。
私も心臓がバクバクしていました。

しばらく様子を見て、
翼や足に異常はないようでした。
いつものように興味の赴くままウロウロし、
餌を啄み始めたので、ホッとしました。
しかし、よく見ると、額に傷がついて
羽根が抜けているようでした。
Img_20231211_075619vf
傷、治るかな…。

今回の事を受けて、今後どうするかですが、
非常に対応が難しいです。
普通の生活音で過敏に反応されると
どうしようもありません。
寝るときも明かりを少し入れるのが
よいのかもしれません。

| | コメント (2)

2023/12/10

家庭菜園×オカメインコ

家庭菜園で育った葉もの野菜が重宝してます。
食べてるのか、齧って遊んでるのか、
今一つ分かりませんけど。
パリちゃんは飛びついてくれます。
Img_20231210_062123vf

小松菜は鳥の餌として定番中の定番。
パリちゃんも大好物です。
虫に食われてても気にしません。

イタリアンパセリは雑草の如く生い茂ってて、
それほど使うものでもなくて、
パリちゃんに持ってこいなんです。
が、パセリはあまり与えてはいけない説、あり。
本当のところは分かりません。

| | コメント (2)

2023/12/07

成長と学習

ここんところ、呼んでも返事をしないし、
鳴く頻度も少なくなっていたクールなパリちゃんが、
なんか先週末辺りから、また呼び鳴きをするようになりました。
しかも、これまでの鳴き声とちょっと違って、
色んな鳴き方をするようになりました。

例えば呼び鳴きにしても、これまでは
「ひゅいー。」って後ろが上がる
シンプルな鳴き声だったのが、
「ひゅいい。」と、上がって下がる鳴き声に。
文字で書くと分かりにくいですが、
「ほーほけきょ」の「ほけきょ」の部分の
イントネーションになりました。
その他も今までしなかった鳴き方もする時がある。

それから、子供がでっかい音でフォートナイトをしてる時に、
肩にとまって、何やら低い声で呟いているのを目撃しました。
ゲーム内の何かの音に反応しているのかもしれません。

日々の変化を見ているのは面白い。

変化と云えば、学習による変化もここんところ顕著です。
放鳥時間がそろそろ終わりと云う頃になると、
指を出しても逃げるようになりました。
肩には乗ってきても、指には乗らない。
きっと籠に強制送還されるのを警戒しているのです。
賢い。

仕方がないので粟穂や野菜で釣って籠に誘導していますが、
籠を締めた瞬間、「だまされたー。」って顔をしてます。
これとて暫くしたら見破られるに違いありません。

更に成長したら、
「人間を困らせても仕方ない。ここは素直に戻っとくか。」
って事にならないだろうか。ならないだろうなー。
Dsc_1051

| | コメント (2)

2023/12/06

ストレッチ

Img_20231206_101220vf
よくこのポーズをします。
片足をあげて、片翼だけを広げる。
ストレッチしてるみたいで気持ち良さそう。

こないだホームセンターの鳥コーナーを見てたら
セキセイインコが全く同じポーズをしてました。
あまりにもそっくりだったので感心してしまった。
DNAって、どこまで細かい情報を伝えてるんだろう…。

で、このポーズについて調べてみたら、
人間のストレッチと同じで、準備運動なんだそうです。
「よっしゃ、遊ぶでー。」って感じか。

| | コメント (2)

2023/12/04

ペットヒーター選びに悩む。

うちは標高350m以上あるので、冬場はとても寒い。
人がいる時はエアコンをつけているので問題ないんですが、
昼間は共働きで、子供も学校で部活もやっているので、
無人の時間が長く、その間、かなり温度が下がります。
パリちゃんの籠にも暖房設備が必須です。
今は暫定的に足元暖房の四面パネルのヒーターを使ってます。
意外とこれが問題なく使えているので、
このまま使い続けてもいいんじゃないかとも思いつつ、
イレギュラーな使い方なので、よろしくない気もしてます。

それに、今は籠をあちこちに移動させている状況です。
朝から夕方までは日当たりのいい二階の部屋に、
夕方から夜までは家族と一緒のリヴィングに、
夜から朝までは二階の私の部屋に。
階段の上げ下ろしは結構気を使いますし、
パネルヒーターを別途運んで、いちいちセッティングするのも手間です。
餌の飛び散りも問題で、三つの部屋の床がザラザラになる。

できればリヴィングに置きっぱなしにしたい。
もし運ぶとしても、籠に暖房設備をつけて手間を省きたい。

って事で、いよいよペット用のヒーターを買う事にしました。

色々悩んで、結局、マルカンの保温電球カバー付き40Wにしました。
Dsc_1043
アサヒとマルカンの二社あり、どちらも20W、40W、60W、100Wのラインナップ。
大きな違いは、アサヒが籠の外への取り付けを推奨しているのに対し、
マルカンが籠の中への取り付けを推奨している点です。
うちは夜間おやすみカバー(布製)を被せているので、直接触れるのは心配。
それでマルカンにしたのですが、中に取り付けると、
パリちゃんが直接触れてヤケドしないか心配です。
なので、40Wに抑えました。

また、温度管理のために別売りのサーモスタットも購入しました。
Dsc_1049
二つ合わせて9000円弱の出費はかなりのもの。
パネルヒーターの倍近い価格です。

この選択が正しかったか、使ってみないと分かりません。

| | コメント (2)

縞々の羽根

オカメインコの最初の換羽は生後半年くらいらしい。
パリちゃんは三ヶ月なので、まだ先の話の筈なんですが、
最近、羽根がよく抜けています。
縞々のかわいい羽根です。
Dsc_1036
毛引きではないかと心配なのですが、
よく見るとストロー状の筆毛が生えてきてる。
やっぱり生え換わりなのかな。
羽繕いをしながら、時々「ギャッ。」と云ってます。
換羽期の羽繕いではよくある事みたいです。
筆毛はまだ血管に繋がっているので
やり過ぎると痛いんだとか。

最初の換羽が済むとオスメスがはっきりしてくるそう。

相変わらず好奇心旺盛で落ち着きがないけど、
あまり鳴かなくなったパリちゃん。
君はどっちなのかな。


| | コメント (2)

2023/12/01

ゲージのレイアウト

ケージ内のレイアウトはなかなか頭を使います。

どう配置したらパリちゃんが快適に過ごせるのか、
掃除が簡単になるのか、餌などの廃棄が減るのか、
試行錯誤の連続です。

大原則として、オカメインコはパニックを起こすので、
玩具類はなるべく入れず、シンプルにするのがよいとの事。

これが今のレイアウトです。
Dsc_1015
何で玩具が大量にぶら下げてあるんだって話ですが、
これは遊び目的ではなく餌カバーの上のバリケードです。
ここに止まって排泄されると、餌ケースに流れ込み、
大量の餌を廃棄する羽目になるので、その対策。

下の段は二つの餌入れにペレットを二種類。
Dsc_1012
野菜用のクリップに粟穂を挟んでいます(写真右端)。

パリちゃんは上の方で過ごす事が多いので、
上の段に色々配置してみました。
Dsc_1008
餌、水、野菜、カトルボーン、かじり木コーン。

住みやすい環境になってるのかな。

ちなみにオカメインコには暖房が不可欠なのですが、
おやすみカバーとの併用が心配なので
今のところ写真のようなパネルヒーターで囲んで
エアコンを掛けています。

夜の間はリビングのエアコンは切ってしまうので
私の部屋に運んで一緒に寝ています。
いちいち二階まで運ばないといけないので、
やり方を変えた方がいいかもしれません。

| | コメント (2)