« ストレッチ | トップページ | 家庭菜園×オカメインコ »

2023/12/07

成長と学習

ここんところ、呼んでも返事をしないし、
鳴く頻度も少なくなっていたクールなパリちゃんが、
なんか先週末辺りから、また呼び鳴きをするようになりました。
しかも、これまでの鳴き声とちょっと違って、
色んな鳴き方をするようになりました。

例えば呼び鳴きにしても、これまでは
「ひゅいー。」って後ろが上がる
シンプルな鳴き声だったのが、
「ひゅいい。」と、上がって下がる鳴き声に。
文字で書くと分かりにくいですが、
「ほーほけきょ」の「ほけきょ」の部分の
イントネーションになりました。
その他も今までしなかった鳴き方もする時がある。

それから、子供がでっかい音でフォートナイトをしてる時に、
肩にとまって、何やら低い声で呟いているのを目撃しました。
ゲーム内の何かの音に反応しているのかもしれません。

日々の変化を見ているのは面白い。

変化と云えば、学習による変化もここんところ顕著です。
放鳥時間がそろそろ終わりと云う頃になると、
指を出しても逃げるようになりました。
肩には乗ってきても、指には乗らない。
きっと籠に強制送還されるのを警戒しているのです。
賢い。

仕方がないので粟穂や野菜で釣って籠に誘導していますが、
籠を締めた瞬間、「だまされたー。」って顔をしてます。
これとて暫くしたら見破られるに違いありません。

更に成長したら、
「人間を困らせても仕方ない。ここは素直に戻っとくか。」
って事にならないだろうか。ならないだろうなー。
Dsc_1051

|

コメント

自らケージに戻る習性はいずれは身につくのでしょうか?
基本的には外の方が好きなのかな。寝床というか巣に帰る本能は生き物はあるんでしょうけど。意思表示がはっきりしてきていますね。どんどんお利巧になってきているのかな、楽しみですね。

投稿: Salty | 2023/12/08 22:51

■Saltyさん

色々ネットで調べてたんですけど、
個体によって違うみたいです。

学習はいい方向ばかりじゃなくて、
やって欲しくないイタズラも進化してます。

コード類を齧りたがるので、
見えるところは保護カバーを巻いたんですが、
今度は裏側に回り込んで
隠れたところのコードを齧ろうとします。
考えてみたらカラス避けのイタチゴッコと同じです。

投稿: しほたつ | 2023/12/11 07:43

コメントを書く