« 年男 | トップページ | 爪楊枝 »

2024/01/03

粟穂トレイ

鳥の大好物、粟穂。
籠の中に誘導する秘密兵器でもあります。

しかし、これを籠に置いておくための、
いいホルダーがなかなかみつからない。
そこで固定できるホルダーを
アルミワイヤーで自作しました(既出)。
Img_20231212_065312vf
食べやすくなったのは確かなのですが、
齧るとポロポロ崩れるので、
粟の実が床の糞切り網の下に落ちて勿体ない。
それにセッティングに手間が掛かるので、
籠への誘導兵器としては使えない。

って事で、自作第二弾です。
100円ショップのペンやカラトリー用の
細長いアクリルボックスに穴をあけ、
ボルトと蝶ネジで固定しました。
Dsc_1426
これだと粟の実が無駄にならないし、
誘導に使った粟穂をポイッと投げ入れられます。

これで完璧。

…と思いきや、粟の実の殻の掃除が大変。
毎回、蝶ネジを外すのもなぁ…。
改良が必要か。
むむむ。

|

コメント

相変わらず器用ですね~
ケージのワイヤーに引っ掛けるか吊り下げるような金具だと、取り外しは楽だけど不安定なのかしら。優先順位で構造が変わるのも難しいものですね。創意工夫はまだまだ続きそうですね。

投稿: Salty | 2024/01/04 14:53

■Saltyさん

単にドリルで穴をあけただけの簡単な構造です。
実はこの前段階では木彫りで作ろうとしてたんですが、
私の能力どは思った通りに加工ができない上、
コンパクトに仕上げるのが難しい事に気がつき、
挫折しました。

殻の掃除についてはハンディ掃除機を買いました。
中国製の安物ですが、粟の殻くらいなら吸ってくれます。

投稿: しほたつ | 2024/01/06 09:48

コメントを書く